2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.03.11 (Tue)

手術外来 1

消化器クリニックからの紹介状を持参し,S病院を訪問

S医師は,当病院での勤務も永く,周りの評判も上々の方である

早速肛門に指をつっこんでの触診

S医師「指で触れる位置に腫瘍がある。人工肛門になるかどうかは,開腹してみての判断。五分五分である。人工肛門でも普通の生活を送っている人も多いし,肛門の位置が変わるとの発想の換をしたらどうか」

といわれても,お腹に袋をつけるわけだし,そう簡単には踏み切れない。

手術方法
 開腹,リンパ節廓清
注意点
 狭い骨盤内での手術のため,排尿障害,男性器機能障害が考えられる

私は180cmの巨体だが,骨盤の大きさは背丈には関係しないとのこと

腹部レントゲン検査を受けて,次回さらに詳しい検査(注腸バリウム造影検査)を行う


 ←宜しければ応援のクリックをお願いします。

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

タグ : 人工肛門

20:01  |  直腸ガン-見つかる  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://anjazz.blog60.fc2.com/tb.php/8-3347d4d2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。