2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.13 (Thu)

今は無き直腸の映像

書類を整理していたら,セカンドオピニオンのためにいただいた直腸を撮影しているファイルが出てきた。


RF 直腸

2008年3月21日撮影

ガンの場所はRbという肛門から3.5cmの位置で,人工肛門にするか肛門機能温存にするか
病院により判断が分かれる位置である。

私の場合,幸運なことに機能温存できる治療方法を選択することができたが,
現時点では,機能温存できても排便障害が残りやすい位置であることを痛感している。

今日トイレに行ったのは10回。
普通の人であれば,大変な回数でしょうが,多い日の20回に比べると落ち着いていられる。
回数が多いため,手の甲は,トイレから出ての手洗いでしもやけのように真っ赤になっている。

はやく機能温存できた喜びを得る日が来ることを願っている。


 ←宜しければ応援のクリックをお願いします。

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

22:38  |  直腸ガン-退院~術後半年  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■No title

初めまして^^
みんなでつくる大腸がんガイドから来ました。
私は自分の病気に関して
あまり詳しくないのですが
こちらのブログで色々と勉強になりました。
私も直腸ガンステージⅢaなのですが
痛みや症状などはホントに
人それぞれなんだと思いました。
12月に入ってすぐに私も初の手術をします。
色々と不安はありますが
お互いに良くなると良いですね。

PS.勝手にリンクさせてもらいましたので
よろしくお願いします。
鈴 |  2008.11.14(金) 11:00 |  URL |  【コメント編集】

■No title

こんにちは
鈴さんも私と同じ治療方針で手術をするのですね。
同じような状況の人と知り合いになることで
不安も和らぐと思いますのでまた遊びに来てください。

相互リンクさせていただきました。

anjazz |  2008.11.14(金) 11:42 |  URL |  【コメント編集】

ストーマにお別れできたのですから、一日も早く機能回復されることを祈っています。
今の様子、気持、手に取るようにわかります。

私は、直腸がんで、ストーマにならずに済んだものの、頻便には悩まされました。しばらくは外出しても食事はしない、トイレはウォシュレットがいいので、私が行動する範囲のウォシュレット地図が書けるくらいになりました。
それでも、徐々に良くなってきたのに、最初の手術から一年10ヵ月後に結腸に見つかり、とうとうストーマになりました。
ストーマにもなれ以前より、ずっと行動的に暮らしています。トイレのことを考える時間が少なくなりました。
ただ、私の場合は2年足らずの経験ですので、もっと5年、10年と長い目で見ればどちらが良かったかは、わかりません。

長い目で見て、頑張って下さい。
コニまま |  2008.11.14(金) 23:10 |  URL |  【コメント編集】

コニままさんへ

励ましのお言葉ありがとうございます。
今の手術は誰に強制されるでもなく,自分で選択した方法です。
決心して機能温存に臨んだのですから,後悔してはいないのですが
この状態がいつまで続くのかと思うと,ついつい不安になってしまします。

コニママさんが言われるように,長い目で見ていくことが大事だと思っています。

そういうことから,ブログの副題を~人間塞翁が馬~と付け,自分を励ましています。
anjazz |  2008.11.14(金) 23:24 |  URL |  【コメント編集】

■たかゆ一家のおとぼけ日記

はじめまして。この度は私のブログの緊急特集テーマにコメント頂きましてありがとうございます。
実は私の父も直腸ガンを患い、手術⇒かろうじて人工肛門にはならなかったものの、直腸をほとんど切除しましたので頻便に悩まされています。今では紙おむつ(小さめのパッドのようなもの)が手放せない状態です。
機能温存とQOLとの両立は今後の課題なのでしょうか。

さて、私のブログでご紹介した友音さんは、子宮頸ガンからの転移なので、一概に原発巣のガンと同じ見方はできない部分もあるのでしょうが、参考になる点が非常にあると思います。
是非、私のブログの「ガンについて語ろう」の書庫で自己紹介をして頂き、ご経験に合うテーマがございましたらご意見など頂きたいものと思っております。
これからもよろしくお願いします。
たかゆ |  2008.11.16(日) 20:27 |  URL |  【コメント編集】

■初めまして

初めまして。

僕は、肛門から5,6cmのところに(癌性の)潰瘍が出来ていました。僕の場合は、回腸末端部と肛門の吻合だったので、術前には、「うまく行けば、人工肛門を回避できるだろう。」と言われていました。術者の口振りから、4:6で、人工肛門になる可能性の方が大きいな、と思っていました。
幸い、初回の手術で、回腸末端部と肛門を吻合することが出来ました。

現在、内服薬なしで、6~9回/日の排便です。術後、8ヶ月経ちました。なお、抗がん剤投与中、投与後2日間は、8~12回/日くらいの排便になります。

人工肛門になった方が、楽だったのではないか、と思うことが何度もありましたが、この2ヶ月位は、「これで良かった。」と思えるようになりました。
のっぽ187 |  2008.11.18(火) 22:22 |  URL |  【コメント編集】

■のっぽ187さんへ

初めまして。ご訪問ありがとうございます。

人工肛門を設置しているときは,設置していることの違和感と便漏れへの不安からか必ず夜中に起きていましたが,今は朝まで熟睡できています。
また,最近寒くなってきましたので,パウチを気にすることなく,安心して風呂に入れることになったことが何よりの喜びです。
ゆったりした気持ちで体調を見守ってゆきたいと思います。

のっぽ187さんは,清水周辺の紅葉を見に行かれたそうですね。
私も毎年京都の紅葉は見に行っていましたので,大変うらやましい。
特にこの時期混雑する京都を歩けるまでになっておめでとうございます。

みなさんの回復は私の励みにもなります。

のっぽ187さんのブログをリンクさせていただきました。
anjazz |  2008.11.19(水) 09:26 |  URL |  【コメント編集】

■当方も、リンク致しました。

こちらのブログを、拙ブログ「積極的精神で生きる。」にリンク致しました。anjazzさんから、お返事を頂いているのに気が付かず、大変、失礼致しました。

>特にこの時期混雑する京都を歩けるまでになっておめでとうございます。

有難うございます。
お蔭様で、抗がん剤の副作用が少ない時は、かなり長い距離を歩けるようになりました。anjazzさんも、長い距離を歩けるようになることを祈っています。

これからも、よろしくお願い致します。
のっぽ187 |  2008.12.09(火) 23:55 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://anjazz.blog60.fc2.com/tb.php/75-c0e953c9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。