2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.09.13 (Sat)

手術2 2日目 歩行訓練

早朝に気持ち悪くなり,吐き気止めを点滴に注入してもらった。
数十分後,そのかいもなく嘔吐した。
まだ,胃腸にガスが溜まっている感じだ。
吐くと少しは楽になった。

今朝から,腸の働きを活性化するために,漢方薬・大建中湯の服用が開始された。

昼から,尿管を抜くことになった。
この管は,抜けにくいように先が膨らんでいる構造みたいである。
前回は,抜くときに痛くて悶絶した。抜いた後にも多少血が出たので,私にとっては術後最大のイベントである。

今回,抜いてくれるのは,小柄で目がぱっちりした知性派美人の看護師。
それにしても,この病院,半数以上は20代でおまけに美人ぞろい。
性格もいい人ばかりであり,仕事はテキパキしており,非常に居心地がよろしい。

などと考えていると,知らぬ間に管が抜かれていた。
今回は痛みがなかった。お見事!

ちょっと立ってみますかという看護師さんの勧めに応えてみた。
尿瓶を用意してくれたが使いたくないし,そろそろ排便も始るだろうから
介添えしてもらい,頑張って立ちってみる。

看護師「ああ,すごいじゃないですか!」

まだ,真っ直ぐな姿勢にはならないが,何とか立つことができた。
せっかく立てられたので,病室内を少し歩いてみることにする。

看護師「いいですよ。日々良くなっていくのを見て,うれしい!」

ホント誉め上手なんだから。
もっと喜んでもらうため,廊下に出て10mほど歩いてみた。

少々無理しても歩いたおかげで,体調がすこぶる良くなった。

ガスでお腹が張って気分が悪く,吐き気がしていたのだが,
ゲップと大量の放屁により,腹の張りがひいた。
また,初めての排便もあった。


 ←宜しければ応援のクリックをお願いします。

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

14:01  |  直腸ガン-第2回入院  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://anjazz.blog60.fc2.com/tb.php/52-94e51755

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。