2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.08.23 (Sat)

ストーマケア その2

ストーマの位置がヘソ横で腹のしわができる部分に造設されているである上,
イレオストミーであるため水様便が出ます。
上級コースのストーマ君です。

私なりの,パウチ張り替えの方法を紹介します。

1 パウチの剥がし方
  パウチの張り替えは,腸があまり活動していない夜11時頃に行っています。
  いつ便が出ても対応できるためと,綺麗にストーマ周辺を洗うために風呂場で交換です。

3770

  使うのは,左からサニーナ,ビオレ,アルケア・リモイスクレンズです。
  いずれも,入院時から使用している製品です。

  まずは,フランジにサニーナをたっぷり吹き付けながら剥がしていきます。
  このとき,無理をして剥がさないようにします。痛いと感じたら,フランジと皮膚の隙間に
  サニーナをたっぷりと吹きつけ,皮膚を痛めないように徐々に剥がします。

  無事剥がれましたら,久しぶりに外気に当たるストーマと周辺の皮膚にシャワーをかけてあげましょう。

   
2 剥がした後のケア
  次に,ビオレをガーゼにつけ,十分泡を立てから,優しく皮膚を洗ってください。
  さらに,リモイスクレンズをたっぷりガーゼにつけ,皮膚に付いている粘着物を除去します。

  私の場合,補正用皮膚保護剤であるプロケアー ソフトウエハー・リングを使っているため,
  ネバネバがなかなか取れませんでしたが,コンバケア・リムーバーの使用が効果を発揮しました。

3781

  個包装になっており,2枚あれば皮膚保護材のネバネバを取り除くことができます。
  右側にあるのは,フランジを張るときに使用するコンバケア・バリアです。

  完全に皮膚がさらさらになったら,水分をふき取り,ウチワで扇ぎ空気を十分あてて乾燥させます。

  こうした下処理が,パウチの剥がれ防止には一番重要ですので,しっかり行います。

  
3 ストーマ周辺の補正
  ここからは,風呂場を出て脱衣場での作業となります。
  便が出てきても慌てないですむように,ガーゼをストーマに張っておきます。

  お腹のしわのくぼみを補正するため,プロケアー ソフトウエハー・リングを三日月状にカットして
  ヘソ側のくぼみがあるところに張りつけます。

3792


4 パウチの張りつけ
  パウチの交換を重ねるごとに,少し皮膚が赤くなって痛くなってきたので,
  コンバケア・バリアを塗ることにしています。
  アルコール成分が入っていて,使用すると少しヒリヒリするので
  これについては,今後の状況を見ながら検討していきたいと思います。

  ここまでくれば,もう慌てることはありません。    
 
  わたしは,パウチには,コンバッテックスのバリケア ナチュラ Mフランジ
  バリケア ナチュラ イレオストミーパウチの2ピースタイプを使用しています。

  フランジをストーマの大きさに指で拡げて張り付けます。
  小腸の液は,皮膚に付くと良くないと聞きましたので,ストーマとフランジとの隙間には,
  バリケアパウダーを使用し,皮膚保護を図っています。 

  3767

  パウチをしっかり装着してます。

  最後にパウチに漏れませんようにとハンドパワーをかけて完了です。
  しっかりパウチを押さえることと,体温で伝えてフランジの接着面を溶かすことにより
  良好な接着効果が得られます。入院時に,教えられました。  

  ここまでの所要時間30分くらいです。  

5 補強グッズ
  さらに,こんな装備で安心して屋外にも行けます。
 
  801

797

  以上で,私のパウチ交換の紹介を終わりますが,これで6日間は漏れもなく過ごせます。
  パウチを剥がす時でも十分に接着していますので,もしかすると1週間もいけそうですが
  皮膚を接着剤から解放してやる意味で,6日間を限度としています。  


 ←宜しければ応援のクリックをお願いします。

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

09:00  |  直腸ガン-ストーマ生活  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://anjazz.blog60.fc2.com/tb.php/45-b5a1b249

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。