2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.09.22 (Mon)

「がんと診断されたら… 諦めない!生活と仕事」を見て

この番組の内容は次のようなものでした。

ガンになっての働き方の変化として、
離職した        23.6%
同じ職場で異動    13.1%
同じ職場で同じ部署  55.2%
その他          8.1%
という結果が出ています。
((厚生労働省がん臨床研究事業)
離職した方の中には、もう以前のように働けないということから自己規制でやめられた方が多いとのこと。

術後でも検査等で医療費が発生する中、離職というのは非常に辛いこと。
離職により経済的に苦しくなることに加えて、働くという行為に社会に参加している一員であることで生き甲斐とかを失うことにもなる。
法的にも就業に関して守られている事を会社が伝えない、ガン患者がそれを知らないということもある。


自分に振り返ってみると、術前は頻繁に外に出る業務で、出張も北海道から九州までありました。
職場復帰後は、同じ部署内で総務関係に異動し室内のみで仕事をする業務を担当しました。
現在も、デスクワークで全て完結する業務に携わっています。
職員数が多いことからこうした配慮が可能ですが、小さい事業者では無理も言えず、厳しい面もあるかと思います。

術後、便のコントロールが十分に利かないときに、外交をさせられるとすれば、離職も考えるかもしれない。
しかし、経済的にそれが出来ないので、無理をしての勤務は精神的身体的に非常な苦痛が考えられます。
大腸ガン患者の場合、術後の排便機能低下は本当に深刻な問題です。
術後6年経った今でも、程度の差はあれ、便のことに関しては心配事です。

術後の就業について、参考になる記事を紹介します。

診断されたらはじめに見る「がんと仕事のQ&A」
~がんサバイバーの就労体験に学ぶ~

(厚生労働省がん臨床研究事業「働くがん患者と家族に向けた包括的就業支援システムの構築に関する研究 」)


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。

02:18  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■有意義な情報

フォローup記事ありがとうございます

厚労省資料を読み治療後に就労で苦労されている方の
事例を読みました。

自分は産業医や理解ある上司のサポートを受け
社会復帰に支障はありませんでした。

久しぶりにガンについて考え
また自分はラッキーなガン患者だったと感じました。

厚労省資料はプリントして手元に置きます。
有意義な情報ありがとうございます




アグリ |  2014.10.01(水) 00:50 |  URL |  【コメント編集】

編杏です
来週入院の運びとなりました。
良い先生に巡り合えて10時間の手術に臨んできます。
入院中色々教えて頂くことになりそうですが宜しくお願いします。
★★★
ところで良い記事を見つけました。
便失禁治療専用植込み型デバイス
ペースメーカーを埋めて7割の患者さんに改善が見られたそうです。
新聞記事で見つけてからメーカーを探しておりました。
http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201403048753/
ご存じでしたらごめんなさい。
2013.09.22 アグリさんに教えてあげてください。
編杏 |  2014.10.11(土) 21:40 |  URL |  【コメント編集】

■re:有意義な情報

こんばんは、アグリさま。
自分も、恵まれた職場環境、抗がん剤の大きな副作用無し、6年間再発無しと、ラッキーな患者であります。

人工肛門閉鎖で2回目の入院の時、同室に入院して来た方がいました。
作業服と運動靴で入院され、院内ではレンタルパジャマに運動靴で過ごされていました。職場に電話されるも、お見舞いの会話はなく、すぐに仕事の話をされていました。入院中も早く復帰しなければクビになるような感じで、医師との話は病気のことより、いつ退院かということばかりでした。結局、まだ退院は無理だという医師の言葉を振り切って退院したようでした。

たまたま忙しい時期だったのか、それとも病気といっても十分な休暇などもらえないのか、その方の職場環境を知る由もありませんが、たまにその後無事に回復されたのか気になることがあります。

権利を十分に行使できない方も多いのではないかと思います。
anjazz |  2014.10.13(月) 00:10 |  URL |  【コメント編集】

こんばんは編杏さま。
良い先生が見つかって良かったですね。
10時間の手術頑張ってください。

また、有益な情報ありがとうございました。

「本邦における便失禁診療の実態調査報告―診断と治療の現状―」に、
便失禁は生命に関わらない良性の病態であり,患者のQOL を向上させることが治療の最大の目的である.したがって,治療の副作用や合併症でQOL が障害されては本末転倒であり,より低侵襲の治療法から試みるのが原則であって・・・とあるように、手術をしてまでと考えられる方は少なかったと思います。

しかし、お教えいただいた「仙骨神経刺激療法(SNM)専用システム」はもしかすると、排便機能障害に悩んでいる方々にとって福音となるかもしれませんね。今後の動向に注視していきたいと思います。

この会社が便失禁の症状に悩む患者さんを対象とした情報提供サイト「おしりの健康.jp」(http://oshiri-kenko.jp/)をオープン ていますので、リンク集に入れました。

手術、無事な報告をお待ちしております。
anjazz |  2014.10.13(月) 00:53 |  URL |  【コメント編集】

■編杏さまへ

編杏さま

来週,編杏さまご自身なのか,ご家族なのか
判りませんが無事手術成功を願っています。

便失禁対策の情報ありがとうございます。
ただ教えて頂いたペースメーカーを埋めた手術は
自分的には少しハードルが高いです。

これからもanjazz様のブログを通して
掲示板のように情報交換出来たら良いなと思います。

また,術後余裕が出来たらアグリのブログ(今開店休業の状態ですが)も訪問して貰えたら嬉しいです。

アグリ |  2014.10.13(月) 23:18 |  URL |  【コメント編集】

■お久しぶりです。

皆様、こんにちは。
書き込みされていた編杏さんは無事に手術を終えられたことと思います。
薬膳では、病後はおかゆが一番と言われています。それと、身体の回復を遅らせるので、えび・かにはしばらくやめましょう、と書いていました。

今日は主人の人工肛門閉鎖から1年目の日です。
2ヶ月まえくらいまでは、なんだかあまり変わり映えしないな~と思っていましたが、この1ヶ月くらい、急に落ち着いた感があります^0^
10月頭までは夜中に起きることが多くて、目の下にクマをつくり、テレビを観たりする細切れの時間にも船を漕ぐことが多くて心配していたのですが、それもここ2週間くらいすっかり治まり、朝と夕方に分かれて数回づつに決まってきました。
夜中に5回も6回も行っていたのも、ここまで来る過渡期だったのかな?と思えるくらい、最近は落ち着いています。

薬膳教室も後期に入り、難しくなってきました。
このごろ心がけていることは、季節によって決まっている身体の不調を治す「色」のお野菜を食べることです!
春は青、夏は赤、長夏は黄色、秋は白、冬は黒です。
今の時期だと、大根やかぶですね。夏場で疲れた胃腸を元に戻す作用があります。先生から、胃腸に問題のある人は積極的に大根おろしを食べるように言われました。この「色」は、結局旬のものを指しています!

こんなことに気を使いながら、他に毎日食べているのは納豆です。
夫は、この納豆を毎日食べ始めてから明らかに改善された、といいます。
大嫌いだったのに、今では冷蔵庫に納豆がないと不安な顔をします(笑)

うちの夫に良かったことが皆様に単純に効くとは思っていませんが、皆様の何かの一助になれば!

寒くなってきましたから、早めに腹巻出さないといけませんね~~^0^//
とぶりん |  2014.11.08(土) 14:35 |  URL |  【コメント編集】

■re:お久しぶりです。

こんばんは、とぶりんさま。

ご主人様の便通の状況が改善され良かったですね。人工肛門閉鎖後1年間位を目途に改善されると言われています。私もそのとおりでした。
そして、まだまだ、今後も良くなると思われます。

おかゆは消化も良いし、良いのは分かるのですが、えび・かにが良くないとは知りませんでした。
「初ものを食えば七十五日生きのびる」と言われ、旬のものをありがたくいただいてきました。これは、薬膳の考えにも通じるものなのでしょうかね。

我々は、食物から全ての栄養を摂取し、血や肉、力となっているのですから、食の重要性は揺るぎないものなのですが、つい疎かになりがちなことに最近反省しているところです。

私も便通を整える目的で納豆をよく食べます。発酵食品は消化も良いらしいですね、

これから寒くなってきますので、お互い気をつけましょう。


anjazz |  2014.11.09(日) 22:22 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://anjazz.blog60.fc2.com/tb.php/366-8b154b8e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。