2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.03.17 (Sat)

セカンドオピニオンの大切さ

我が県が糖尿での病死率が不動のワースト1ということは知っていましたが、腎不全による死者率もワースト1とのこと。

う~ん、亡き父は糖尿病であったし、母は現在慢性疾患で通院中。
我が県の病気の標本みたいな家庭だ。

さて、母は月1回泌尿器科に通院をしており、腎臓の具合の目安となる数値であるクレアチニンが女性で0.4~1.0mg/dlのところ5mg代を推移している。通常クレアチニンが5~7mg/dlあたりになると透析療法の導入を検討するらしい。

先月検査では7mgに跳ね上がっており、即座にCT、心電図を始めとする精密検査一式を行い、次週に手術をすることになった。

人工透析となれば、週3回、4時間ほど一生行うこととなり、病院の選定も考える必要がある。
かかりつけ医に相談したところ、1回だけ数値が上がっただけで手術っておかしいとの言葉に、母も熟考することなり、病院へは風邪を理由に手術を延期することにした。

今通院している病院では人工透析できる数が少ないので、病院選びから始めていくと、病院の評判や地理的条件など色んな課題が山積する。通院するとなるとかなりのエネルギーと交通費を消費するので近場にしようと概ね方針を決め、2週間後に再検査に臨んだ。

するとどうだろう、前々回の数値に戻っており、まだ手術はしなくても大丈夫。風邪ひいていたから数値が上がったのかなとのこと。風邪は時間延長のための口実だわいとは言えなかったが、無事手術しなくても耐えられることになった。

あの時医師の言葉を信じていれば、今頃は人工透析はまだ不要なのに、左手には透析用の手術をされるところであった。

またまた、セカンドオピニオンや周りの意見を聞くことの大切さを実感した。



     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

17:15  |  直腸ガン-術後3年~4年  |  TB(1)  |  CM(19)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■お礼&copyメール

●直腸ガンのブログの方にメールしています。copyメール失礼します
’11年5月に直腸ガン削除&回腸ストマー造設,12月ストマー閉鎖したs32年生まれの男会社員です
ガン削除後の7月にこのHPを知り,勉強と勇気を頂きました。ありがとうございます
まだストマー閉鎖後4ヶ月目なので頻便はこれからも良くなってるのではないかと前向きでいます
総合病院の外科医の先生は忙しく患者とのコンセンサンスにあまり時間が取れない!反面,前向きな姿勢になれるのもanjazzさん初め,直腸ガンの先輩のブログかなと思っています
改めて勇気を頂いたお礼と毎日閲覧し更新を楽しみにしています
アグリ |  2012.03.29(木) 03:31 |  URL |  【コメント編集】

■re:お礼&copyメール

はじめまして、アグリさま。

私の場合は、半年を過ぎてから改善に拍車がかかり、その後1年まで良くなり続けました。その後は少しずつ良くなってきましたので、長い気持ちで待ちましょう。

アグリさんの快復状況も、よく似た症状の方の参考になりますので、またのコメントをお待ちしております。

anjazz |  2012.03.29(木) 07:52 |  URL |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.04.01(日) 16:11 |   |  【コメント編集】

こんにちは、gombuと申します。
以前、ブロ友申請させていただいたものです。

昨年4月に、大腸がんⅢbの手術を行い、
現在、補助化学療法のゼローダ服用中です。

anjazzさんは以前の記事で、浜松の方だったと記憶していますが、
どこの病院にかかられているのでしょうか?
よろしければ教えてください。

ちなみに、私は浜松医科大学付属病院です。

gombu |  2012.04.02(月) 12:46 |  URL |  【コメント編集】

■はじめまして

はじめまして、いつも拝見させて頂いております。私は直腸がんで3月に人工肛門閉鎖手術をしました。術後の傷口は順調に回復していますが、頻便に困っています。術後もうすぐ1ヶ月になろうとしていますが、1日平均30回くらいの排便があります。排便の時期は食後等に限らずに1日中で、30分~1時間毎にあるように思えます。便の大きさも細く小さく、大きくて薬指程度です。薬はビオスリーとロペミンを飲んでいます。このような頻便でも回復するのでしょうか。また、回復に向けての良いリハビリの方法やお薬等があれば教えてください。よろしくお願いします。
hutcw |  2012.04.02(月) 13:15 |  URL |  【コメント編集】

■re:はじめまして

こんばんは、hutcwさん。

肛門から手術した距離1cm単位でその後の快復(排便)の状況は違ってくるように思います。

私も術後は同様でしたので、今しばらく辛抱するしかないと思います。
特に薬は使いませんでした。
肛門を鍛えるのには、こんな方法がありますので
参考にしてください。

http://anjazz.blog60.fc2.com/blog-entry-168.html
anjazz |  2012.04.02(月) 23:01 |  URL |  【コメント編集】

こんばんは、gombuさん。

抗がん剤を服用とのことで、副作用はひどくないですか。

私は、四国在住ですので、残念ながら浜松の病院ではありません。
なにか、浜松と思われるような紛らわしい記載があったのでしょうかね。
anjazz |  2012.04.02(月) 23:05 |  URL |  【コメント編集】

■返答ありがとうございました

返答して頂き、ありがとうございました。
もうしばらく、回復を期待して様子を見ようと思います。
また、紹介頂いた体操もやってみます。
ありがとうございました。
hutcw |  2012.04.03(火) 23:02 |  URL |  【コメント編集】

■排便障害について

Anjazz様,お言葉に甘え自分の排便状態を記載します

10ヶ月前にガン切除(肛門から2cm位置)+4ヶ月前にストマー閉鎖しました。田舎の病院ですが,今の2cm吻合位置は3年前ならば人工肛門だったそうです
 ブログなどを読み相当な覚悟をしていましたが2cm縫合にしては,予後は良い方?で閉鎖後1ヶ月後には会社復帰しています。術前の放射線治療をしていないのも有利なような気がします
日常は,ボクサーパンツ+パッド使用,漏れが不安な時は,紙オムツ+パッドで過ごしています

現在は,少ない日で5~6回/日 多い日で20回以上です
それと閉鎖後4ヶ月経ちますが,今だに排便ゼロの日はありません。
便意切迫&漏れは,何時起きるか予測&制御不能です
 会社復帰はしてますが,排便問題で突然の遅刻や休みは,結構,頻繁に取ってます

辛い時)
 深夜に突然便意切迫で起き,トイレ通いで寝不足のまま朝を迎える。
そんな時は寝ぼけてるので,たいてい下着やパジャマを汚します
 漏れは,病気&術後障害だからしょうがないと割り切れるのですが
下着や服の汚れ処理(特に夜中)は,人間の尊厳が傷つくようで本当に辛いです

排便痛)
一時はトイレで大声で泣きだした事もありますが
痛みに対する慣れと軟膏や鎮痛剤で対処しています

至福の時)
 2月に一時期,便形状が,すばらしい日が数日続きました。
具体的には,太さ=バナナ,硬さ=練り歯磨きくらい,長さ=15~20cm,回数も5回/日。 この時期は1週間も続かず,また下痢~軟便の頻便状態に戻ってます。 薬,食事,体調,ストレスなどいくつかの要因が重なっていると思いますが原因が良くわかりません。
あせらず時間の経過による自然治癒力を信じています。

以上,長文の投稿失礼します
アグリ |  2012.04.04(水) 00:32 |  URL |  【コメント編集】

■re:返答ありがとうございました

こんばんは、hutcwさん。

気長に、焦らずにいきましょう。

下のアグリさんのコメントが参考になりますね。
anjazz |  2012.04.04(水) 01:45 |  URL |  【コメント編集】

■re:排便障害について

こんばんは、アグリさん。

術後の排便状況を良く表しているコメントだと思います。

私も同じような経過を過ごしてきており、特に至福の時にあるような素晴らしいものが出た時には、何にも勝る喜びですよね。

肛門から2cmで4ヶ月にしたら大変な好成績ですね。
私は1ヶ月では外に行くこともままならなかったので。
今後の快復が楽しみですね。
anjazz |  2012.04.04(水) 02:15 |  URL |  【コメント編集】

■ブログ

anjazz 様

術後1年間近になり,ブログに挑戦してみました
お時間のある時に,一度訪問して頂ければ嬉しいです

今日の頻便状況は,3ヶ月前に戻ってしまいました(泣)
AM1:30を過ぎましたが,まだ排便モード中です!
アグリ |  2012.04.12(木) 02:01 |  URL |  【コメント編集】

anjazz様
こんにちわ
今、発売中のビッグコミックオリジナル5月増刊号で
連載している「いとしのタンバリン」という漫画をご存知でしょうか?
病院のメディカルソーシャルワーカーが主人公です。
今回は直腸がん後遺症で苦しんでいる
看護師がテーマになっています。

見た目では理解して貰いにくい「内部障害者」がテーマでもあります。
日ごろ、漫画に親しんでない方も
是非読んでみて下さい!
やまねこ |  2012.04.13(金) 11:39 |  URL |  【コメント編集】

■re:ブログ

こんばんは、アグリさん。

ブログ拝見しました。

私も多くの方から励ましのお言葉や、記事を書くために勉強をしたりと、
ブログが励みになったことが多くあります。

是非、長く続けてください。
anjazz |  2012.04.16(月) 22:38 |  URL |  【コメント編集】

こんばんは、やまねこさん。

珍しいテーマに興味しんしんです。

実は決算時期で、休日もお仕事、平日も23時くらいがざらの日々を送っていて、なかなか自分の時間を持てないのが実情です。

時間を見つけて、是非見てみます。
anjazz |  2012.04.16(月) 22:42 |  URL |  【コメント編集】

■質問です

はじめまして。

現在、カナダで直腸癌の治療中です。

手術前の放射線&抗がん剤治療で検索したところ、
ここに辿り着きました。

抗がん剤について、質問させて頂きたいのですが
手術後は抗がん剤を使用されましたか?

私は、もうすぐ放射線治療が終わり、その後、手術予定です。
なので、このブログを読んで参考にさせて頂きます。




neko |  2012.04.21(土) 14:26 |  URL |  【コメント編集】

はじめまして、nekoさん。

私の記事を見ての投稿ということですので
抗癌剤の記事はご覧になられていることでしょうが
他の人のためにリンクを貼っておきます。

http://anjazz.blog60.fc2.com/blog-entry-13.html

術前放射線+UFTという抗癌剤を服用し、約1月後に手術を行いました。
術後の抗癌剤は服用しませんでした。

術前放射線化学療法により、直腸ガンはほとんど消失していました。
肉眼で素人目に見たらもう手術しなくてもいいのではとも思いました。
そうしたことから、微小ガンの転移は無いだろうとの判断で術後の抗癌剤の使用が無かったものだと思っています。

これから手術ということで不安もあろうかと思いますが、
何かあれば私の経験の範囲内でご回答いたしますので
コメントを投稿してください。

anjazz |  2012.04.21(土) 21:36 |  URL |  【コメント編集】

■承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2012.04.23(月) 03:46 |   |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.07.15(日) 18:52 |   |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://anjazz.blog60.fc2.com/tb.php/334-27ccdfa6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

まとめtyaiました【セカンドオピニオンの大切さ】

我が県が糖尿での病死率が不動のワースト1ということは知っていましたが、腎不全による死者率もワースト1とのこと。う~ん、亡き父は糖尿病であったし、母は現在慢性疾患で通院中。我が県の病気の標本みたいな家庭だ。さて、母は月1回泌尿器科に通院をしており、腎臓の?...
2012/05/05(土) 19:06:22 | まとめwoネタ速neo

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。