2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.10.19 (Wed)

がん検診の勧め その2

前回は、便潜血検査をしたのに2年とも発見されなかったということ書きました。

早速、2回もガンを見落とされていた検査の必要性を問うコメントをいただきました。
このコメントの回答には、私の今までの健康に対する姿勢から述べる必要があります。

元来病院嫌いで、風邪をひいても寝て治すか、薬店での風邪薬を飲むくらいで、
成人になってからは医者に掛かったことはなかったのです。
30歳前半から44歳までは職場の健康診断さえも受けていませんでした。

そんな私ですが、山歩きを始めたのがきっかけで、山中で倒れたら困るとの思いで
45歳から遅まきながら健康診断を受けるようになりました。

周りのみんなは人間ドックを受診していたのですが、
私は30分くらいで終わる健康診断を受診していました。
便潜血検査は、人間ドックでは2日間の便を採りますが、
健康診断では1日分のみの簡易な検査です。

さらに、たまに痔があるので、
大腸ガンでもないのに痔の血に反応して(などと勝手に思い込んで)
内視鏡などという検査に行かされちゃあ大変だということで、
採取要領を無視して便に優しく一部分をなでるようにして採取していました。

そういうこともあって、2年とも反応が出なかったのではないかと思います。
しかしながら、2007年にはガンがちょっと大きくなってきたので、
1日のみの便潜血検査にも反応が現れたということでしょう。

便潜血検査の精度は低いので、2日分をきっちりと採取要領どおりに採って
毎年継続して受診することが必要です。
昔からずっと健康診断をしていれば、反応があったかもしれません。

私の場合は、便潜血検査がきっかけで大腸がん発見に至った訳ですから
この検査は無意味ではなく、有意義だったと思っています。

そして、40歳を過ぎれば異常がなくても、
一度大腸内視鏡検査を受けられることをお勧めします。
この検査ならほぼ確実に見つけられますし、大腸ガンは進行が遅いので、
内視鏡でみて異常が無ければしばらくは安心です。

米癌協会などのガイドラインでは、
大腸内視鏡検査は10年ごとの実施を推奨しているようですから。

自分の経験から言えることは、
2日間連続で採便し、そのうち1回でも反応が出たら
迷わず内視鏡検査を受診することです。
それも、できるだけ早く。

私ももう少し早く見つけていれば、大腸がんを内視鏡で切除して
排便障害も無く、今頃は紅に染まる山を歩いているのかなあと思ったりします。
こういうことがあって、機会あるごとに皆さんに検査の重要性を話しています。


近々がん検診の番組がありますので参考にしてください。


BS朝日
鳥越俊太郎 「医療の現場!」
10月22日(土)18:00~18:30
再 翌日(日)10:00~10:30

【2011年10月22日】
シリーズ「がんと闘う」第4弾 ~がん検診、早期発見のススメ~

第183回目のテーマは
「シリーズがんと闘う第4弾 がん検診」

手術から化学療法まで、日進月歩のがん治療。
そんな中、やはり一番重要なのは「早期発見」。

そこで、全国のほとんどの区市町村で行われているがん検診を取材します。
一口に検診といっても、どのような検査があり、どのような準備が必要なのか?
専門家のインタビューを交えながら、がん検診を分かりやすく説明します。

番組ページ
http://www.bs-asahi.co.jp/genba/prg_183.html


「42歳初のがん検診に密着」との内容なので、がん検診には興味があるのだが
どんなものか分からなくて怖いという方には良いかもしれませんね。



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。



テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

07:02  |  直腸ガン-術後3年~4年  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■おひさしぶりです

anjazzさま、おひさしぶりです。

私は本日、無事2年検診をクリアしました。
内視鏡、CT、マーカーどれも異常なしでした。
次の3年検診のクリアをめざしていきたいと思います。

私の場合は、2009年に便潜血でひっかかり、内視鏡で
直腸ガンが発覚し、低位前方切除で開腹手術になり、
現在も頻便に悩まされています。ステージはⅡでした。

その前年の2008年にも便潜血でひっかかったため、
内視鏡をしましたが見つかりませんでした。
私の執刀医に言わせれば、明らかな見落としだと
言っていましたが、2009年の時に見た4×5cmの
あのグロテスクな腫瘍がなぜ2008年の時に見え
なかったのかいまだにわかりません。

もし、2008年に見つかっていればステージⅠでこんなに
頻便に悩まされていなかったのにとは思いません。
1年早くてもあの大きさなら、そんなに変わらないのでは
と思っています。それよりも見つけてくれて、ありがたいと
思うようにしています。

anjazzさま、最近ブログの更新の頻度が少なくなって
いますが、体調はいかがですか?
ガン情報の提供を今後ともよろしくお願いします。
ぷれあです |  2011.10.19(水) 19:17 |  URL |  【コメント編集】

■re:おひさしぶりです

こんばんは、ぷれあですさん。

まずは、2年検診クリアおめでとうございます。

内視鏡の視野も360度見えるわけでは無いですし、ヒダのある大腸の中を帰りながら見るので、見落としもあるのでしょうね。
私の検査医は腕の達人だったので、執刀医が流石あの先生だねと言っていたので、見つけにくいところに有ったのでしょうね。

私の場合は2cmで、内視鏡切除のレベルと少し超えた大きさだったのに、もう1,2年早かったらよかったのにと言われたので、大腸がんは1年ではそんなに大きく成長しないようですね。

ガンの闘病は、私もプレアデスさんと同じで、良いように考えることにしています。後悔や落ち込んでも良くはならない、返って悪くなるかもしれないですからね。

ブログの更新が少ないのは、元気な証拠なのですで、ご心配なさらずに。
ありがとうございました。



anjazz |  2011.10.19(水) 19:43 |  URL |  【コメント編集】

早速の その2 の更新ありがとうございますv-22

大変よくわかりました。
実は気になっている状況がありまして、病院に行こうかどうかずっと迷っていたのですが、やはり勇気をだして行った方が良さそうですね。
タイムリーな記事でとても参考になりました。
ありがとうございました。
cherry |  2011.10.19(水) 23:07 |  URL |  【コメント編集】

こんばんは、cherryさん。

どういう状況か詳しくは知り得ませんが
ずっと迷っているのであれば、
この機会に病院に行ってみてはいかがですか。

何も無ければ、思い悩んでいる気が晴れますし
もし、何かあれば早いに越したことありませんからね。

不安もありましょうが、勇気を出して行ってみましょう。
anjazz |  2011.10.20(木) 01:16 |  URL |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2011.12.16(金) 21:10 |   |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://anjazz.blog60.fc2.com/tb.php/318-fbe78065

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。