2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.10.18 (Tue)

がん検診の勧め その1

わが県の平成21年度の大腸がん受診率は、10.3%と低く全国平均の約半分の状況だそうです。

受診率向上策として市役所から、大腸がん検診の無料クーポン券が送付されました。
これは、40歳から始まり、5歳刻みで60歳までの方が無料で検診を受けられる制度です。

サラリーマンなら職場の定期健診で受けさせられるのですが、
そうでない自営業や主婦層へのこの制度により受診率拡大につながればいいのですが。


ちなみにちょっと古いのですが、全国での関連データ(平成19年度)を見てみます。

大腸がん検査受診者 7,176,312人
要精密検査          521,695人
精密検査受診者数     286,785人
発見がん数                  12,284人

便潜血検査を受けると7.3%の人に要精密検査の通知が行く。
そして、大腸内視鏡などによる精密検査をしてみると、2.4%の人にがんが見つかる。

ただし、要精密検査判定が出ても、そのうち検査に行く人は約半数なので
これを考慮して全員が精密検査をしたとすれば、
4.4%の人にがんが見つかるということです。

便潜血検査は簡単な検査である反面、
上記数値が示すように95%はガンでないのにガンの疑いをかけられます。
精度はそう高くありません。

でも、これに、高をくくってはいけません。
せっかく要精密検査判定が出て、せっかく検査に行くきっかけが出たのに、
精密検査を受診しなかった人の100人に2人はガンがありますので。

逆に、便潜血検査で異常がないから安心かといえば、そうとも限りません。

私の場合、前年、前々年とも異常は無かったのですが、
2007年の要精密検査の結果を受けて内視鏡検査をしたところ
直腸に2cmのガンが発見されました。
そのときに言われた医師の
「あと1~2年発見が早かったら内視鏡で取れていたのに」という言葉が
今でも心に残っています。

長くなったので、続きは次回へ。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。



テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

11:13  |  直腸ガン-術後3年~4年  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

はじめましてv-22

前年、前々年とも異常がなかったのに 「あと1~2年発見が早かったら・・・・・」と言われたのは、検査したのに見落とされていたということでしょうか。
それでは検査した意味がありませんね。
まだ その1 しか読んでいないので結論をだすのは早いのでしょうね。
次を早く読みたいです。
cherry |  2011.10.18(火) 11:49 |  URL |  【コメント編集】

■re:はじめまして

はじめまして、cherryさん。

コメントありがとうございます。
その2をアップしましたのでご覧ください。
anjazz |  2011.10.19(水) 07:08 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://anjazz.blog60.fc2.com/tb.php/317-0afdb1dd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。