2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.03.22 (Tue)

排便の状況

ブログの読者から便・尿失禁についてのお問い合わせがありました。
タイムリーなことに、本日20時からNHK教育テレビの「名医にQ」で、昨年人気のあった番組のアンコール放送「排泄の悩み」という番組がありました。

内容は、次のとおりです。
2010年8月・9月に放送し反響の大きかった、尿もれ・頻尿・便失禁など排せつの悩みに関する2回の内容をまとめ、再構成して伝える。40代以上の女性では約4割に尿もれ経験があるとされるが、恥ずかしさなどから受診せず、一人で悩む人も多い。手術など適切な治療で改善も期待できるので、きちんと検査し原因を突き止めることが必要。高齢者に多い便秘が便失禁を招くこともある。尿もれパッドなどのケアグッズ情報も紹介。

また再放送もあると思いますが、昨年の放送概要は下記のとおりです。

尿もれ・頻尿・排せつの悩み<主な内容>

あなたの疑問に答えます 排せつの悩み<主な内容>


さて、先日の6ヶ月定期検診時に「直腸癌術後便失禁のQOLへの影響に関する質問票」でのアンケートがありました。
これは、大腸癌研究会が直腸ガン手術後半年以上経過した患者の便失禁症例を調査し、QOLへの影響を把握するためのものです
http://www.jsccr.jp/mfiql.html


QOL.jpg
    クリックすると大きくなります。


□の右下の数字が点数で、各項目の合計で排便に関するQOLを数値化するというものです。

{(14項目の点数の合計)-14}÷42×100

全て「ぜんぜんない」であれば「0点」で全て「ほとんどいつも」であれば「100点」となります。

ちなみに、ここ1ヶ月の私の状況を記入してみればこのとおりです。

QOL-2.jpg


点数化すると78点ですので、あまりQOLが高いとはいえないようです。

しかし、余り物事を深刻に考えない私は楽しく日常生活を過ごせています。
まあこうして幸せにすごせるのも、家族と職場の理解あってのものと思いますので、感謝しなければと思います。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

07:20  |  直腸ガン-術後2年~3年  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

排便障害・・悩みますね。ストーマの生活にいささか不満も出てきた主人には。人工肛門閉鎖後とどちらがよいのか問題になりそうです。肛門より、1.9㎝ととても近いところであり、先生の腕を信じて、腹腔鏡で手術できました。
ストーマ周りがよく被れるので、今でも、薬を塗ってますが、それが面倒なようです。お風呂上がりの際に失敗したりと・・
自営業ですので、トイレはいつも近くにありますが、1年後手術してよかったと思いたいです。
そうそう、抗がん剤の服用は止めました。先生と話し合った結果です。今の症状では%はわずかにしか効果がないのでは・・ということになったようです。
後は、食事と気持ちでがんばります。ただ、主人が近頃ナーバスというか時に後ろ向きになってるような気がして、心配です。仕事に復帰して、忙しくなって考える暇などないことを期待してます。
ど根性ががえる |  2011.03.30(水) 12:46 |  URL |  【コメント編集】

こんにちは、ど根性ががえるさん。

肛門機能を温存した場合、排便障害が出るかもしれないとの件は術前から聞いており、一番悩んだ点でもあり、医師用の月刊誌まで取り寄せて検討しました。しかし、結論は出ず、最初の医師の「障害がひどければ人工肛門にすればいい。」という言葉で踏ん切りがつき、温存手術に望みました。

人工肛門閉鎖まで1年間という長い期間があるので、いろんな意見、情報を仕入れて判断されれば良いと思います。

私は術後の休職中は、天が与えてくれた25年ぶりの長期休暇と思い、その生活を楽しみました。ブログをすることも覚えましたし、読書や楽器の練習もできました。ものは考えようです。
私は、今という短い時間のことに一喜一憂せずに、10年後の自分は楽しいことをしているということを想像して、今を生きて行くことにしています。

ご主人が神経質になっているとのことですが、こんな時こそ、ど根性ががえるさんが心の支えとなると思いますので、名サポートを発揮してください。

anjazz |  2011.03.30(水) 17:20 |  URL |  【コメント編集】

ご無沙汰しております。
コメントが遅れましたが、このNHKに便の方で出ている藤田保健衛生大学の前田教授は私の直腸カルチノイドの執刀医、主治医です。この番組のことは教授から直接聞いておりました。現在の多くの患者さんがみえますので、これ以上患者さんが増えると・・・・・と言ってみえましたが。私としては本当にいい先生に出会えてよかったと思っております。私自身病院勤務ですので、私の病院の医師とどうしても比較してしまいます。
貴方の点数表チェックですが、私も大体おなじですね。ただ紙パンツ着用の身ですので、多少のことはええかと思ってます。前にお話ししました便秘にする手だての、ガスター、アルサルミンは結構ききますよ。一泊二日で東京出張等で使っております。
Pismo |  2011.04.23(土) 12:24 |  URL |  【コメント編集】

こんばんは、Pismoさん。

通常は、通院圏内からの医師選びとなりますので、なかなか難しいものですが、良い先生に出会うことができて良かったですね。

私の場合は、便秘気味ですので、どうにか毎日一時期に出てしまうことを目指しております。

朝、2・3回で出きってしまうとその1日はもうトイレに行くことがないので、「じつは!腹筋くん」とかを導入した次第です。

便秘が続くと最終日にはダラダラと一日中少しずつ出てトイレに行ってしまうのです。
anjazz |  2011.04.24(日) 00:02 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://anjazz.blog60.fc2.com/tb.php/292-72aa487a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。