2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.09.14 (Tue)

がんと言われたとき

昨日、NHK教育で放送のありました「今日の健康(がんと言われたとき)」の
キーポイントを基に、私の体験を交えて書いてみました。

■医師からガンを宣告された時の対応です。
まずは落ち着きましょう。

私の場合は、大腸内視鏡検査を行ったときに腫瘍が発見され、
検査中にテレビ画面を見ながら説明されました。
検査後に医師の説明がありましたが、淡々とガンのことを説明されましたので
その雰囲気に合わせるように冷静に話を聞くことが出来ました。

そして次のことを聞きましょう。

がん情報のキーワード

 1 正確な病名
 2 場所
 3 大きさ 深さ
 4 転移の有無
 5 ステージ(進行度)
 6 生存率
 7 ガイドライン 治療方針
 8 標準治療  科学的根拠に基づいた治療
 9 治療効果
10 リスク(合併症 後遺症など) 

私の場合です。
 1 正確な病名     > 組織検査が必要だが、直腸ガンと思われる
 2 場所        > 肛門から4cm
 3 大きさ 深さ    > 2cm この大きさから粘膜下層(SM)と思われる


ここの病院は検査のみです。
組織検査の結果ガンであることが判明したので、
手術を行う病院を紹介してもらいました。

■紹介してもらった病院で注腸バリウム検査を実施の上、
 医師の説明がありました。

 1 正確な病名    > 直腸ガン 腺ガン
 2 場所       > 肛門から4cm 
 3 大きさ 深さ   > 2cm 粘膜下層 SMガン
 4 転移の有無    > なし
 5 ステージ(進行度) > ステージ1 早期ガン
 6 生存率      > 説明なし
 7 ガイドライン   > 説明なし
 8 標準治療     > 開腹手術、リンパ節郭清、人工肛門になる恐れあり
 9 治療効果     > 高い
10 リスク(合併症 後遺症など) > 人工肛門、排便、排尿、男性機能に障害が出る可能性あり
 

この説明で、人工肛門という点が引っかかったので、セカンドオピニオンをすることにしました。

■説明を受けるときの留意点です。

「がんと言われたとき」こうして聞こう!

・メモの活用
 >専門用語が出てきたり、緊張や意識の高揚感から聞いたことを思い出せないことがありますので、メモは大事です。
・日を改めて聞く
 >そのときに理解できないこともあるので、帰ってから情報を集めて知識を蓄えてから聞くことにより、理解とより深い話ができます。
・家族などと一緒に
 >こんなことを聞いてもいいかなというときも、身内が居ると聞きやすいし、ヘルプアイで家族に聞いてもらうことも可能。何よりも心強い。
・聞きたいことをまとめておく
 >聞こうと思っていても、いざ先生の前に行くと聞き忘れることもありますので、要領よくまとめておくのが良いです。

■がんについて相談する

自分が治療を受けている病院 相談窓口
がん診察連携拠点病院 相談支援センター

■がんの情報を集める

ホームページ

がん情報サービス
http://ganjoho.jp

日本癌治療学会
http://jsco.umin.ac.jp


本日の「今日の健康」は、「セカンドオピニオンを受けるとき」ですので、
次回は、この番組の内容を交えて、私のセカンドオピニオン体験を踏まえての
留意点を書きたいと思います。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

08:13  |  直腸ガン-術後2年~3年  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■はじめまして

はじめまして
12月で49歳になるオヤジです。
わたしも直腸癌です。
あした11月23日入院しますがいつ退院できるのでしょうか?
ハラを切ってみないとわからんとのことです^^
25日手術です。
人工肛門は5cmのところなので微妙らしいです。
では生きてたら又コメントします。
飛車角竜馬 |  2010.11.22(月) 11:08 |  URL |  【コメント編集】

■re:はじめまして

はじめまして、飛車角竜馬さん。
同じ世代ですね。

5cmということは、6分4分で温存が高いのでしょうかね。

手術前に不安でしょうが、寝てる間に勝手に腹切ってくれますし、
術後も麻酔で痛くないので安心ですよ。

生きてたらということですが、まず死ぬことはありませんので
来月でしょうか、コメントをお待ちしております。
anjazz |  2010.11.22(月) 20:14 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://anjazz.blog60.fc2.com/tb.php/249-40d89952

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。