2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.07.01 (Tue)

MRI検査

検査ずくめである。

本日は,ガンガンと音のするドラム缶の中に入って検査するMRIです。

強力な磁場と電波(パルス)を使て人体の水素原子核の状態をみることで、 疾患を画像化するものらしいです。
こうしたことから,電気信号を使っての医師と患者の意志疎通はできないみたいで
ドラム缶の中で患者に異常があったときのシグナルは,丸いゴム風船みたいなのを押して連絡します。
夜店にある,蛙の足が伸び縮みするおもちゃの握るところのようなものです。

また,呼吸しているかどうかも,胸をゴムみたいなので締め付けて,その伸縮で意識があるかを検知しているみたいでした。

電気仕掛けの世の中,非常に原始的な装置が使われていることが,おもしろかったです。

検査自体は,20分ほど横たわっているだけで何の苦痛もないのですが,
みんなは,ガンガンと音がうるさいといいます。

私はこの検査中,気持ちが良くなって,眠ってしまいました。
睡眠すると呼吸回数が減るため,検査技師が異常を感知して飛び込んできました。

意識して,大きく呼吸するようにといわれて,検査が再開されましたが,
不覚にも,またもや眠ってしまった。

この周期的な音は,私にとって催眠作用があるみたいで,
どうも,MRIと私は相性が悪い(相性が良い?)みたいです。

またもや検査技師が飛び込んできました。

私の無事を確認すると,再開され,3回目で無事検査が完了できました。


 ←宜しければ応援のクリックをお願いします。

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

タグ : MRI検査

19:44  |  直腸ガン-第1回入院  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://anjazz.blog60.fc2.com/tb.php/23-3e4cbfcb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。