2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.06.30 (Mon)

PET/CT検査

術前の検査として,PET/CTを実施。

検査前4~6時間の絶食の上,検査に臨む。

PET/CTとはFDGというとうによく似た性質を持つ放射性医薬品を体内に注射して
その集まり程度を画像化し,合わせてCT検査を行い,両画像の合成により
ガンがある部分を特定するものです。

FDGを打ったら,ベッドで1時間ほど安静にして,検査にかかります。
筋肉を動かしたところはFDGが反応するということで,安静の間に読書もだめです。

CT検査では,検査薬を体内に注入するやいなや,体中の血管という血管がカーッと熱くなります。
脳内も熱くなるため,多少の不安に駆られましたが,すぐに終わりました。

PET/CTの検査では,放射性物質が体内にあるため,排尿するにしても
決まった道順でトイレに行き,尿が飛び散らないように,便座に腰掛けて排尿し,
水は,2回流すことと決められています。
また,検査後もすぐには帰らせてはくれなくて,30分の休憩が必要です。


検査結果
 4月に受診したときには,直腸と周辺のリンパ節1カ所にガンが見つかったが,
今回の検査では,リンパ節への転移は消えており,放射線治療の効果があった。


 ←宜しければ応援のクリックをお願いします。

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

タグ : PET/CT検査

19:32  |  直腸ガン-第1回入院  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://anjazz.blog60.fc2.com/tb.php/22-a40e5641

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。