2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.02.10 (Wed)

メタボで特定検診

心配していた大腸ガンの検診も異常なしで一安心していたところ
昨年職場で実施した定期健康診断結果から、
メタボと診断されてしまいました。

ウエスト85cm以上で引っかかってしまうのですが、
身長160cmの人と私のように181cmの人でも
同じ85cmという基準に釈然としない点もあるのですが、
まあ、私は85cmの境目にいるのではなく、
大幅に基準を超えていますから仕方ないのですが。

対象者はウエスト85cm以上に加えて、
血糖、脂質、血圧で2以上規定値を超えた人となります。
私は、高脂質と高血圧で引っかかり「積極的支援」とました。

で、「高齢者の医療の確保に関する法律」により、
私は特定保健指導の対象者となったようです。
要は、生活習慣病予備軍を減少させて、
ひいては国の医療費を下げようということなんでしょうが、

具体的には何をするかというと、医師や栄養士の面接指導の下、
向う6ヶ月間の行動計画を策定し、
生活習慣病の改善プログラムを実施するというもの。

1-1.gif
厚生労働省「標準的な健診・保健指導に関するプログラム(確定版)」から


これを見ると「積極的支援」というのは、一番高リスク群に属するみたいですね。
プログラムを見てみると、おやつは1日おき、今日は運動しましたか、
食事の内容は、、、などと事細かく記入する用紙があり、これを見た時点で断念です。

今は、直腸ガンに関して定期的検査を実施して異常なしの診断をいただいていますが、
これはあくまでも直腸ガンに関する部分のみで、
その他の病気が無いと言われているわけではないのです。

頻繁に病院で検査をしているので、大丈夫のような気になっている、
もしくは直腸ガンのことで頭がいっぱいなのかもしれませんが、
それ以外の病気にも気をつけなければなりません。

直腸ガンの対応だけでも大変なのに、
その他の病気が併発したらたまりませんからね。
また、定期的な運動と食事療法は
大腸ガンの発生リスクを低下させることに優位なことは分かっていますから
メタボ対策は重要なのでしょうね。

と、つい他人事みたいになってしまいましたが、
頻便があるので近場での散歩から始めることにします。
今は寒いので、ちょっと暖かくなったらがんばって見ます。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。




テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

07:33  |  直腸ガン-術後1年~2年  |  TB(0)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■はじめまして

はじめまして。44歳 女性(既婚)です。
健康診断の結果に異常がなく、大変うれしく思っております。

昨年12月に、同じ直腸癌(肛門より5センチの所に、1.5センチの腫瘍)を宣告されまして、不安の中、こちらのブログに巡り会いました。
今年1月に、経仙骨的局所切除の手術を受けました。早期のsm癌であったにも関わらず、リンパ節に転移が見つかり、再手術にて、リンパ節のかくせいと、直腸切断の人工肛門造設を勧められました。
セカンドオピニオンにてやっと、一時的に人工肛門造設の後閉鎖をして、肛門を温存してくださる医師に出合い、3月末頃に、再手術をする予定でおります。(大変込み合っており、2ヶ月待ちです)

現在は、抗がん治療などは全く行っておらず、手術前の体調に戻り、直腸も癌の細胞があった部分のみの切除でしたので、排便も健康そのものです。

しかし再手術は、超低位前方切除術で、直腸とリンパの2群までかくせいを行う予定でおります。 そのため人工肛門閉鎖後は、排便障害が残ってしまうのではないか?と不安の中、日々を過ごしております。
また、手術は開腹で行うと説明されておりますが、「腹腔鏡手術」も行っていただける事をこちらで知りましたので、主治医に相談してみたいと思っております。
手術日まで時間があり、原発の癌細胞は切り取りましたが、気持ちは見えない癌との戦いを続けております。こちらのブログを参考に、今後の生活も乗り切りたいと思っております。
寒い日が続いておりますが、健康に留意されて、ますますのご活躍を祈っております。

ナオ |  2010.02.16(火) 17:38 |  URL |  【コメント編集】

■こんばんは

お久しぶりです 1年6ヶ月検診 良好で良かったですね
父なんですが 術前放射線療法の影響で膀胱が破裂してしまい 1月中旬から今月初めまで入院してました現在 人工肛門もそのままで 尿も管から袋に溜めている状態です 主治医の説明では 3月いっはいまで このまま様子を見て膀胱が正常に戻れば 人工肛門閉鎖するそうなのですが膀胱が かなりのダメージを受けているみたいで 正常になる可能性は低いみたいです 正常に戻らなかった場合 現在の人工肛門は閉鎖し その変わり 回腸導管で人工膀胱を造るそうです 放射線で直腸の腫瘍が小さくなり リンパ節転移も消えたメリットはありましたが この様なデメリットもあるんですね
カズ |  2010.02.16(火) 19:26 |  URL |  【コメント編集】

■re:はじめまして

はじめまして、ナオさん。

同病者として、ナオさんの今の気持ちがよく分かります。
いろいろと勉強されているようにお見受けしますが、ご存知のように機能温存と切除範囲は表裏一体の関係があり、最終どのポイントを着地点とするか悩ましいものですね。

1年半経った今でも、肛門温存が良かったのか、人工肛門が良かったのか結論はでていません。私の場合は、術前放射線治療をしていますので、それにより肛門括約筋の機能低下することが知られています。また、一部内括約筋を切除していますので、そうしたことから排便機能障害が残っています。

でも、正常な日もありますので、その時はなんら健常な人と変わりがありませんし、パウチ交換の手間や自由に寝返りをうてることなどを考えると温存してて良かったと思えます。

開腹と腹腔鏡については、私は腹腔鏡で良かったと思っています。病院の方針や医師のスキルにもよりますので、私のような地方では両術式の選択イコール病院の選択でもありました。腹腔鏡により直腸ガン切除ができる医師は少なかったです。

まだ、手術まで時間がありますので、担当医と十二分に相談し、不明な点があれば説明を受けて、無事手術を乗り切ってください。

明日は寒いそうですので、お体に気をつけてお過ごしください。
anjazz |  2010.02.16(火) 19:44 |  URL |  【コメント編集】

■re:こんばんは

こんばんは、カズさん。
ありがとうございます。無事1年半が経過しました。

お父さん大変でしたね。放射線照射の副作用を聞いて驚きました。
早く人工肛門を閉鎖したいと言われていたのにまた長引いて、その上膀胱に障害が出るかも知れないと言われて心配ですね。

放射線は効果が高い反面、目に見えないだけに怖いものがありますね。
ガン治療は抗がん剤もしかりで、メリットとデメリットの振れ幅が大きいですね。そして天秤にかけてどこに重きを置くか、また、それを本人に委ねられるんですよね。病気になっただけで精一杯なのに、判断まで求められて本と大変です。
私も晩期障害が出ないか心配なところでもあります。

でも、病気は気を落とす、気力を失うことが一番だめだと思っています。お父さんも大変でしょうが、カズさんも一緒に頑張ってください。

anjazz |  2010.02.16(火) 20:14 |  URL |  【コメント編集】

■ありがとうございます。

お忙しいのに、早々のコメントを頂き、ありがとうございます。

同じ病気を経験されている方のお言葉、大変うれしく読ませて頂きました。
私の場合は、一度仙骨から切開し手術をして、癌そのものは切除しており、直腸に傷があるため、再手術がかなり困難であるとの説明を受けました。
今回の主治医は、セカンドオピニオンで持参したCTや注腸画像を見て、歯状線のわずか上に癌があったため、「内括約筋は全て切除になるかもしれないし、永久人工肛門になるかもしれません。」とも 説明がありました。

 現在東京都在住ですが、ネットにて、直腸癌の手術の症例が都内で2番目に多く、超低位にて、肛門温存率の高い病院を選びました。私自身も、やはり排便障害があっても、肛門を温存して頂きたいと、切に願っております。

しかし残念ながら、腹腔鏡での手術率は、低い数字が提示されております。
もう一度、腹腔鏡手術にて、肛門を温存してくださる病院を探した方がいいのでしょうか? 手術までに時間があるので、悩んでおります。
是非ともアドバイス頂けたら幸いでございます。
ナオ |  2010.02.16(火) 20:43 |  URL |  【コメント編集】

■もうすぐ半年

こんばんわ
人工肛門閉鎖手術からもうすぐ半年になります

肛門から3-4cm、腫瘍約5-6cmで
人工肛門造設→術前放射線化学療法→腹腔鏡下での
超低位前方切除術にて腫瘍+直腸切除→人工肛門閉鎖の
経緯を経たものです

私が病院やドクター、手術方法を調べたときの資料では
関東の場合(直腸癌において)
国立がんセンター中央病院はあまり腹腔鏡手術に積極的でない
また手術件数日本一(当時)の駒込病院も同じく積極的でない

腹腔鏡方式に積極的で実績があるのは
虎ノ門病院   非常に腹腔鏡手術の比率が高い病院
北里大学病院(神奈川) 渡邊医師は腹腔鏡手術の名手らしいです 
癌研有明病院

上記3つは全国大腸ガン件数ランキングでも毎年トップ10に入る
病院ですので症例データが豊富で経験も豊富だと思われます
セカンドオピニオンは費用もかかりますがここは一生のことですから
積極的に複数の病院のドクターにあたって自分の希望に少しでも
近い方針で手術を進めてくれる方を選ばれてはどうでしょうか

metheny |  2010.02.16(火) 21:51 |  URL |  【コメント編集】

■ありがとうございます。

こちらのブログをお借りして、このように同じ病気の方からお話やアドバイスが頂け、大変うれしく、また心強く思っております。

methenyさまは、ちなみにどちらの病院で手術を受けられましたか?
また人工肛門閉鎖後、現在は排便障害はいかがでしょうか?
直腸切除するにあたり、不安ばかりが募っております。
ナオ |  2010.02.16(火) 22:12 |  URL |  【コメント編集】

こんばんわ 

僕は関東在住では無く最終的には関東の病院で手術を
受けたのではないです それとちょっと病院名は伏せさせてください
(別に隠すことも無いんですがまあ誰が見てるかわかりませんから)
ただ癌とわかったとき、必要なら関東の病院で手術をうけるつもりで
相当いろいろと調べました(関東に姉がいることもありますが)

もうすぐ半年ですが排便障害はあります
1日10回以上のトイレは大変と言えば大変ですが
僕のように通勤しない人間にとってはそれほどの苦でもありません
幸い漏らしたりした事もありません

毎日ビオフェルミンを飲んでいますが外出でどうしても
一定時間トイレに行けないような時は朝の食事を消化の良いもの
少量にとどめて早めにとる、さらに心配なときは一度だけですが
正露丸(糖衣状のニオイの無いタイプ)を食後に2錠だけ飲んで
外出しました(2錠は大人の下痢止めには足りない量ですが
飲んでまる1日ぐらいトイレに行かなくなり逆に心配になりました)

ドクターを選んだら、あとは運を天に任すつもりで
自分なりに一つ一つ乗り越えるだけです
今は何でも食べれますしウォーキングもして
僕個人的には自然肛門の幸せな毎日だと思っています
もちろん5年以内の再発や転移のことは頭にありますが
その時はその時です

とりあえず心配なことはメモしておいてドクターに
根ほり葉ほりと聞かれてはどうですか?




metheny |  2010.02.16(火) 23:18 |  URL |  【コメント編集】

経仙骨的局所切除術がどのようなものかはよく知らないのですが、その手術の影響で腸の癒着が多かったら腹腔鏡手術は難しいのではないかと思います。
この辺は、お医者さんとの相談ですね。

昨夜から頻便が続いていまして、久しぶりなんですが今日は20回ほどトイレに行きました。そのため、今日は1日休暇をもらいました。
やっとこさ便が止まったのを見計らって、シャワーを浴びて今出てきたところです。

1年半経っての便の状況ですが、腸の調子は良くなってきたが、肛門の閉まり具合にはあまり改善がないというのが実情かと思います。
個人差はあると思いますが、切除が低位置であれば多かれ少なかれ障害は残ると考えていたほうがいいと思います。
anjazz |  2010.02.17(水) 01:24 |  URL |  【コメント編集】

■ありがとうございます。

いろいろとアドバイス頂き、感謝致します。

そうですね、不安や心配事は担当に聞いて、今回こそは、納得のいく形での手術を受けますね。

再手術後の排便障害は、当然にあるものと考え、こちらのブログを参考にさせて頂きながら、今後も家族のために頑張りたいと思います。

これからも、応援してしておりますので、よろしくお願い致します。
ナオ |  2010.02.18(木) 15:54 |  URL |  【コメント編集】

■re:ありがとうございます

こんばんは、ナオさん。

手術前にちょっときつい事を言ったかもしれませんが、
ある程度の心構えをしていた方が、
もし障害が出た時の対応で慌てないかと思って書きました。

もちろん障害が出ないこともあるでしょうし
出たとしても、数ヶ月で快復する事もあるでしょう。

先にも言ったように、私は放射線照射と肛門から数センチの低位置の手術なので排便機能には一番障害が出やすい(人工肛門と紙一重)タイプなので、私以上にはならないと思いますので、あまり深刻にならないでくださいね。

応援ありがとうございます。
私も、ナオさんのことを応援していますので、また、遊びに来てくださいね。
anjazz |  2010.02.18(木) 20:11 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://anjazz.blog60.fc2.com/tb.php/204-4ffd2b85

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。