2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.10.03 (Sat)

便潜血陽性・大腸癌検診

本日,日本消化器病学会四国支部開催の「おしりからがでたら?」という市民公開講座を聴講してきました。

その中の「便潜血陽性・大腸癌検診」という講演内容を抜粋で紹介します。

大腸癌検診は,便に綿棒みたいな器具を突き刺すだけという簡単なもの。
でも,この便潜血検査さえあまり受診されていないことを聞いて驚いています。
全国平均で20数%しか受診されていないようです。
ちなみに我が市では5.4%らしいです。
毎年検査を受診することで60%以上も大腸ガンで死亡するリスクが低くなるそうです。
最低限この検査は受けていただきたいと思います。


講師の勤務する病院では,便潜血検査による大腸癌検診では6%の受診者に陽性反応が出るそうです。
かなりの割合で出るみたいですね。

でもそのうち,大腸内視鏡などの精密検査を受診される方は35%らしいです。
検査が怖くて行かない人,忙しくてつい検査が後回しになっている人,
自分勝手に経過観察としているなどが65%いるということでしょうか。


そこで,「病院と検診で見つかったステージ」というデータがあり,
検診で陽性になり精密検査を実施し,ガンが見つかった人のステージは
早期ガンが60%で進行ガンが40%です。

対してなにがしかの症状があり病院に行って検査してガンが見つかった人のステージは
早期ガンと進行ガンの割合が逆転して
進行ガンが75%で早期ガンが25%となっています。

つまり,大腸がんは自覚症状に乏しく,
自覚症状が出たときには,既にかなりガンが進行していることが多いということ

自己判断でもうちょっと様子を見てみようなんて思っていると手遅れになっている恐れがあります。


先ほどの病院データの続きですが,
便潜血陽性40歳以上の無症状者の検査結果は
大腸ガン5%,大腸ポリープ30%,ほぼ異常なし65%です。

このデータだけで計算すれば
1000人が便潜血検査を受診すれば
60人に陽性反応が出ます。
60人を精密検査をすると
3人が大腸ガン,18人が大腸ポリープ,39人が異常なしということになります。
しかし,陽性反応となっても35%の人しか精密検査を受診しないとのことですから,
3人の大腸ガンの人の内2人はみすみす機会を逃し
自覚症状が出てから病院に行って進行ガンと言われる部類になるのでしょうか。


便潜血検査は確実なものではありません。
要検査と出ても異常なしが大半です。この場合は,異常がなかってヨカッタと胸をなで下ろすパターンです。


私の場合は,3年間異常なしで,4年目の検査で要検査となり,
検査した結果,リンパ節に転移しているステージ3aでした。
3年以上前から病巣は有ったのに,反応がなかったのです。

この私の例のようにように,
逆に便潜血検査で異常なしと出ても,ガンが潜んでいる場合があるのです。

ですから,便潜血検査で陽性が出た場合は,必ず内視鏡検査を受けましょう。


大半は異常なしなんだから,
経過観察しようなどとは思ってそのチャンスを逃がすと
手痛い目に遭いますので。



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

23:55  |  直腸ガン-術後1年~2年  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■職場復帰しました

今回の大型台風の影響はなかったでしょうか?

10月より無理しない範囲で仕事行っています。
仕事してる方が時間が経つのも早いし身体を動かすので食欲もあり気持ちが前向きになります。

先日、今後の予定を聞きに病院に行ってきました。

肺の手術をしたので現在目に見える癌はないらしいのですが、
肺にまで転移していたとなると今後どのような治療方針(内科による点滴抗がん剤、今服用している抗がん剤の変更など)にするか主治医も迷うとの事で
12月の胸部・腹部・骨盤のCT結果によって決めるそうです。

今後再発しない可能性もあるし・・・
最悪の場合(肝臓・骨盤転移など)もあるし・・・

仕事の合間をみていろいろ情報集めしています。
病院によっても治療方針も違えば抗がん剤の効果も個人差があるみたいだし何かと迷いますね。

町医者さんに相談に行くと、
「後悔しないように今出来る最善の治療をするのがいいのでは?」
「早く信頼できる先生にめぐりあうためにもセカンドオピニオンを再度受けたら」
とのことでした。

迷うばかりです。

anjazzさんも体調管理大変そうですが頑張ってくださいね。
ふみふみ |  2009.10.08(木) 18:18 |  URL |  【コメント編集】

■re:職場復帰しました

こんばんは,ふみふみさん。

四国なんで幸い起きたら台風は過ぎ去っていました。

最近思うのは,やり甲斐が有るって事は大切ということです。
私は,最近仕事の内容も本格稼働してきまして,少しですが残業もするようになりました。
オーバーワークにならない範囲での仕事は楽しいですね。
ふみふみさんも苦にならない楽しい範囲で仕事にが出来ればいいですね。


ガンの治療法で確実なものがない限り,手法についての情報を色んな手段で収集することが大事と思います。

私は肛門の機能温存するかどうかを検討するとき,セカンドオピニオンはもちろんのこと,その意見が正しいのかどうかを判断するために医師向けの書籍や論文まで調べました。

大学病院の図書館は一般利用を許可しているところが多いと思いますので,参考になる書籍が見つかるかもあるかもしれません。

悔いの内容にしたいですね。


カズさんがふみふみさんの体調を心配していましたので,お伝えします。

「直腸癌 リンパ節転移有り ステージⅢb 父と全く同じ診断なので ふみふみさんの事が気になります 今後が心配で不安でしょうが 頑張って下さい。」

私からも,頑張ってください。
anjazz |  2009.10.08(木) 21:40 |  URL |  【コメント編集】

■こんばんは

残業出来るまでに快復して良かったですね 父なんですが 度々 ストーマが漏れてしまいます 先日散歩から帰ってきたら 漏れてしまいました anjazzさんのストーマケアを父 母に読んでもらったら どうも皮膚に付いている粘着物を綺麗に除去出来ていなかったみたいです それと浴室に暖房を入れて交換しているので 肌が汗ばんで乾燥出来ていなかった可能性もあるとの事でした その点を注意して 今度 交換したいと思います 他にも注意する事がありましたら 是非教えて下さい この場をお借りして ふみふみさんへ ふみふみさんのコメントがあるとホッとします 今後が非常に心配で不安でしょうが 再発しない事 心から祈ってます
カズ |  2009.10.09(金) 00:08 |  URL |  【コメント編集】

■re:こんばんは

こんばんは,カズさん。

なかなか苦戦しているようですね。早く上手く貼れるようになるといいですね。
きっちり粘着物を除去して,十分乾かしてから触ってみてサラサラしていたら新しいパウチを貼っても大丈夫です。
下処理が大切ということですか。

あと,パウチを貼った後,手で1分くらい押さえて熱を加えると密着が良くなるようです。
ストーマ専門の看護師さんは,ハンドパワーと言って押さえてくれていました。
調子が悪ければ,ストーマ外来で相談を受けるのも一つの方法です。
http://www.etwoc.org/stoma.html
anjazz |  2009.10.09(金) 00:28 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://anjazz.blog60.fc2.com/tb.php/173-56994ac2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。