2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.09.20 (Sun)

お尻回りの鍛錬

便秘による頻便が続くので先週月曜日の診察での相談の結果,毎日朝夕2回服用していたビオフェルミンを朝1回に減らすことにしてみました。
その影響かどうかまだ分かりませんが,毎日便が出るようになり,細切れだった便も有る程度繋がって出るようになっています。
ただ若干柔らかめになっていて,昨晩はトイレに駆け込んでギリギリセーフ状態。なかなか適便への調節が難しいです。今までのように便秘気味にして安全策を採るか戦略には頭を悩ませるところですが,幸い5連休のシルバーウィークとなりましたので,軟らか便による被害覚悟でしばらく様子をみてみます。

こうなってくると,肛門括約筋の鍛錬も必要となってきます。


便失禁対策の関する記事がありましたので紹介します。

以下,日経メディカル2009.9.9からの記事です。

直腸癌などの術後の後遺症として、便失禁がみられることは少なくない。だが、命にかかわることがまれなために、対策は後手に回りがちだ。社会保険中央総合病院大腸肛門病センターの山名哲郎氏は、磁気刺激によって骨盤底筋を連続して筋収縮させるトレーニングマシンが、便失禁の改善に有用であるとする研究成果を、9月5日に東京で開催された第15回大腸肛門機能障害研究会で発表した。

 山名氏らが用いたトレーニングマシンは、健康器具の「PBトレーナー」(輸入・販売元:フォルツァテクノス)。外来を受診した患者が着衣のまま専用の椅子に座るだけで、骨盤底筋のトレーニングができる。尿失禁への効果については既に多数報告されているが、便失禁に対する有用性については、これまでに報告がみられなかったという。

 便失禁を訴える女性9人(平均年齢59歳)を対象に、PBトレーナーを週1回20分間、計8回使用してもらった。その結果、便失禁スコアはトレーニング前の平均 9.3からトレーニング後には平均5.8へと明らかに改善した。失禁の自覚症状については、5人が改善した、3人が変わらない、1人が悪化したと答えた。患者への有害な影響はなかった。

 山名氏は「筋肉への刺激が強いため出力調整が必要なケースもあるが、気軽に取り組めるので患者に受け入れられやすい方法と考えている。対象患者を増やすなどして、今後も便失禁に対する治療選択肢の一つとして、検討を続けていきたい」と述べた。

(小又 理恵子=日経メディカル別冊)


まだ,検討段階であり器具導入も国内で数病院なので治療に掛るのは難しいと思いますが,肛門括約筋だけでなく骨盤低筋の強化が頻便対策に効果があることがわかりました。

骨盤低筋の強化は尿漏れ対策としても紹介されています。
こちらは,ハルンケアのHPからの抜粋です。

体操の基本

training_img01.gif

「締めて・・・ゆるめて」の8回繰り返しを1セットとして、1日に数セットから10セット行ないます。効果が現れるまでには1ヵ月~3ヵ月かかるので、あきらめずに毎日続けましょう。


こんな姿勢でやってみましょう。

training_img02.gif

朝起きて1セット、朝ご飯の片づけで1セット、バスの待ち時間に1セットというように、生活習慣の中にとり込み、いろいろな姿勢でやってみましょう。

正しい運動はこんなイメージです。

* 人前でおならがでそうになったとき、肛門をギュッと締める感じです。
* 息を吸いながら胃の方へ向かって吸い込むように締めます。
* おしっこを途中で止めてみて、それと同じ感じで締めてみてください。
* おなかやおしりの筋肉が動かないよう注意して締めてみましょう。


執務中にはおならが出そうになるのを我慢しており自然と肛門を締める訓練になっているようですが,夕方にもなると,もういっかって気分になって,おならを出しに廊下を歩きに行ったりしていますが,訓練という意味では仕事中くらいはずっと我慢が必要みたいですね。
でも,おならを我慢しすぎるとお腹が張ってくるのでケースバイケースで。

筋力が衰えているせいでしょうか,ちょっとトレーニングしただけで肛門周辺がすごく疲れました。最初は回数少な目から無理なく始めた方が良さそうです。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

23:50  |  直腸ガン-術後1年~2年  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■こんばんは

18日 父の手術 予定通り無事終わりました 翌日から歩いたみたいで 21日現在 食事も 五分粥に 煮魚など出てました 人工肛門に関しては 看護士が交換してくれているのを見て覚えてる状況らしいですが 近いうち 自分で交換する練習が始まると思います

手術前の診断でステージⅢb これから 抗がん剤も始まるみたいですが 再発が
やはり心配です
カズ |  2009.09.22(火) 01:08 |  URL |  【コメント編集】

■re:こんばんは

カズさんへ。

無事手術成功おめでとうございます。
翌日から歩行。術後3日目で五分粥・煮魚ってすごい回復力ですね。

パウチには多くの種類がありますので,入院中に色んなサンプルを体験させてもらってお父さんに最適なパウチを見つけることが大切だと思います。

再発に関しては私も定期検査の度にドキドキしていますが,ガンを経験したものにとっては心配ですね。抗癌剤治療がんばってください。
anjazz |  2009.09.22(火) 07:04 |  URL |  【コメント編集】

■はじめまして

anjazzさん

はじめまして。
私は、ライフパレット(http://lifepalette.jp/)という患者さん向けのコミュニティサイトでスタッフをやっています。

日々多くの体験記に触れる中でanjazzさんのブログを拝見し、とても詳細に、客観的に綴られている様子に驚いています。
きっと多くの方を勇気付けているにちがいないと思い、感動をお伝えしたくコメントさせていただきました。

これからも勉強させてください。
よろしくお願いします。

よちこ |  2009.09.22(火) 14:25 |  URL |  【コメント編集】

■こんばんは

ここ2、3日また暑いですね!連休明けで疲れなど出ていませんか?

1年3カ月検査問題なしでよかったですね。

私も退院後、家の用事をしながら身体も少しずつ動かしていたので回復も順調で今週2日程たまっていた仕事(無理をしない範囲で)少し片付けてきました。
と、ここまでは良かったのですが、またまた思いもよらない展開にびっくり!

手術前、今回の手術をしてくださった先生(新聞や週刊誌にも掲載された事がある肺がんの名医)
が放射線の先生の意見も聞かれて肺の腫瘍は「原発性の肺がん(ステージ1A)に間違いがない」と言われていたので安心しきっていたのです

が、24日 術後検診に行ったら、組織検査の結果「大腸がんの肺転移」との事。

またまた奈落のそこに突き落とされた感じです。
人生何が起こるかわかりませんね。

30日、再度受診するよう言われました。
(転移だったので元の主治医に交代だそうです)

昨年2月の大腸がん手術後、補助化学療法で抗がん剤を指示どうり飲んでいたのに・・・

今後が心配です。
病院に行った日は2時間も待たされたあげくにショックも大きかったので半日寝込みましたが、
以前、鳥越俊太郎さんがテレビドキュメンタリーで言われていた事を思い出して(がんから逃げずに現実を受け入れて向きあっていけばこわくない・睡眠や食事に気をつけ免疫力を落とさず高めることが大切)翌日にはなんとか立ち直りましたが、夜になると不安になります。

仕事してる方が気が紛れるので10月から職場復帰しようと思います。

今後は仕事も家事ものんびりとマイペースで少し「ずぼら精神」に切り替えようと思っています。


anjazzさんも季節の変わり目なので、体調にはくれぐれも気を付けて下さいね。

また参考になりそうな記事(病院によって治療方針もさまざまなので再発や転移を早期発見する方法とか、食事療法など)があればお知らせ頂けるとありがたいです。
ふみふみ |  2009.09.26(土) 20:39 |  URL |  【コメント編集】

■re:こんばんは

ふみふみ さんへ。

こんなに頑張っているのに,どうして思うようにならないのってことを今まで経験してきました。その時どう対処してきたのでしょうか。

その原因を研究して対応する。別の方法を検討する。同じような周りの人の行動を参考にする。人にお願いする。時が解決するのを待つ。流れに任す。無かったことにする。
これまで人生を歩んできたんだから,どうにかして色んな問題を解消してきたんだと思います。

何故ガンに。私より不摂生している人なんて山ほどいてるのにって思いました。
でもガンになってしまったんだから,目をそらさずに,でもどこかで折り合いを付けながら頑張っていこうと思っています。

自分のことだけを考えていればいい私と違って,ふみふみさんの場合病気以外の事もこなしながら大変だと思います。

思いやりのあるふみふみさん。
たまにはその思いやりをご自分にも向けてあげてくださいね。

参考になるような記事が有ればお知らせしたいと思っています。
これから秋になり,力を蓄え冬を乗り切り春を望む季節です。
どんな治療になるか不安かと思いますが,今はちょっと頑張って明るい春を迎えましょう。
anjazz |  2009.09.27(日) 02:59 |  URL |  【コメント編集】

■はじめまして

先日、直腸を切除して一時的に人工肛門になりました。

3ヶ月後に閉鎖予定なのですが
思っていたよりも快適なので閉鎖後の不安がつのり、
ちょっとでも閉鎖後を快適にできないかを調べているうちにこちらを拝見しました。

いろいろな情報や体験談をわかりやすくまとめていらっしゃって、
参考になり、励まされます。

体操、早速はじめてみようかと思います。

ユミル |  2009.10.16(金) 11:27 |  URL |  【コメント編集】

■re:はじめまして

ユミルさん,はじめまして。

今思えば,ストーマ生活も楽しかったなと思います。
一方,今は便意切迫に苦労していますが,やっぱり風呂は閉鎖後が楽しいです。

楽しい生活のため肛門シメシメ体操に励みましょう。
また遊びに来てください。
anjazz |  2009.10.16(金) 20:38 |  URL |  【コメント編集】

■新しい治療概念に関する論文資料の無料進呈

最近になって日本の癌学界でも癌組織の根源細胞である癌の幹細胞の存在が注目され始めました。癌の幹細胞に関する研究が進展すれば、将来の癌研究や癌治療に重大な転機を齎すものと期待されます。小生は1992年以来、癌の幹細胞に対処する治療概念、すなわち、今までにない全く新しい治療概念を記載した論文17篇を国際的な医学雑誌に掲載しています。それらの論文資料にご関心のある方には、個人的に無料で郵送致しますので、郵送できる宛先をお知らせ下さい。
780-0870 高知市 本町 5-4-23 平田病院 平田陽三
電話:088-875-6221 Fax: 088-871-3801
E-mail: hphirata@mb.inforyoma.or.jp
平田 陽三 |  2010.01.09(土) 16:27 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://anjazz.blog60.fc2.com/tb.php/168-98477ae7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。