2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.08.16 (Sun)

直腸ガンの症状~検査その1

私が直腸ガンであることを知ったのは,
2007年に職場で実施した定期健康診断の大腸がん検診で陽性反応となったことから。

インターネットで大腸がんの関連記事を検索してみると
大体次のような内容が書かれています。

大腸ガンの兆候でよく見られるのは3つあります。

1 便秘・下痢の繰り返し
2 血便
3 排便後も便が残っている感じがする

このような症状は癌が肛門近くに出来た時にみられるようです。
肛門より奥の方に癌が出来た場合、兆候がみられないこともあり、かなり進行した癌でも全く症状が出ないことがあるそうです。


このような記事を見て,自分は快便だし,血便?血便って血のうんちのこと?
そんなの出たことない。
以前にほんのちょっとだけペーパーに血が付いたことが有るけど,あれは何回もお尻を拭いた時にちょっと肛門の周りが切れたんだろう。
食欲もあるし,疲れることも無く体調も良いし,大腸がんって50歳以上がかかる病気じゃない?
,同年代で大腸がんになった人なんて聞いたことないし,そもそも私ががんになる訳がない。
今回の検査も切れ痔っていうやつだろう。

大腸がんの検査って,若い看護師さんが見ているベッドの上で,
また開いて肛門丸出しにして,お医者さんに肛門に指突っ込まれてぐりぐりされるっていうし。

うん,自分は切れ痔だな。うん。ちょっと様子を見てみよう。検査はまあいっか。
などと根拠も無くもしくは軽い病気であると判断し,自分を納得させようとしてはだめです。

30歳代でも大腸がんになる人はいます。もちろん20歳代でも居ます。
大腸がん検診で陽性になった原因が切れ痔による血が原因の場合も有るでしょう。でも,痔の人が大腸がんに罹っていないという理由は有りません。これは,結構落とし穴ですので,気をつける必要があります。

大腸がんのブログを見ていると,がんを宣告された時に,何故自分が?って思ったという記事を見かけますが,信じたくないという心境は分かりますが,すべての人ががんになる可能性は持っています。2人に1人はがんになるのですから。
いつも,毎朝便をコネコネ分解して血が混じっていないかななんて見ている人はいないと思うので,そう血便なんて発見できるもんじゃありません。
もし,検診で陽性反応が出たのであれば,ラッキー!よく見つけてくれたと思って検査に行きましょう。

検査はちっとも恥ずかしくありません。

私の経験を紹介したいと思いますが,ちょっと長くなりましたので,また次回にします。



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。


テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

23:59  |  直腸ガン-術後1年~2年  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://anjazz.blog60.fc2.com/tb.php/159-6c7ad1bf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。