2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.07.08 (Wed)

術後2年目に向けて

昨年の今日7月8日は,直腸ガンの切除手術を行った日です。
1年経って,早1年かまだ1年かと聞かれればどう答えるだろうか。

振り返ってみれば直腸ガンを宣告されたことや手術をしたことなど昨日のことように鮮明に覚えており,早1年が経ったのかとの想いで一杯です。
でも,再発の呪縛にあと4年間耐えなければならないのかと思えば,まだ1年かと感じます。

しかし言える事は,この1年間頑張ったなあということ。
よくもまあトイレに1日最高50回も行ってたのに,腐らずに辛抱した自分にご褒美を。
そしてそれを温かく見守ってくれた周りの人々に感謝で一杯です。
なかでも,きっと良くなるとブログで応援をいただいた皆さんには一番勇気付けられました。
本当にありがとうございます。

さて,術後の状況ですが人工肛門閉鎖以降も幸い傷の痛みやガン再発の兆しも見られず,もっぱら排便機能障害との闘いです。

下のグラフは9月22日に人工肛門閉鎖の手術から退院してからの排便状況です。
黄色の折れ線は過去2週間の平均値を表しています。
12月末から「三歩進んで二歩下がる」の大きな周期で改善されているのがよく分かります。

無題


退院後   何時排便が始まるか分からず,ほとんど家での生活が2ヶ月続く。便漏れもあり。
11月16日 初めて公園に散歩に出かける 以後徐々にプチ外出の回数が増える
12月    鹿の糞状の便
1月中旬  術前のような便が出た     術後初の散髪(2時間の拘束に耐えることができた) 
2月中旬  普通便の出る割合が増える  初外食  この時期から快復を意識した
4月     昼間に排便する割合が減る  自動車を買い替え毎日100kmのドライブに
5月     ほぼ朝か夜に排便        職場復帰を想定しほぼ毎日実家に通う
6月17日  職場復帰



日が経つにつれて回数が減少しただけではなく,当初は1日のべつ幕無しでトイレに行っていたのが,集中的に排便されるようになり,生活の質も高まってきました。特にそれを感じたのは2月中旬以降からです。
半年や年単位で徐々に改善されていくという医師の言うとおりの結果でありました。

まだ,朝1時間ほど排便に時間を要しますが,それさえ済めば外出にも余り不安を感じなくなりました。腸はかなり改善されてきましたが,肛門括約筋は相変わらずで,通常便の排便後に訪れる水様便はいくら肛門を閉めても流れ出てきます。
ここらが今後の課題ですが,以前に比べれば格段の進歩です。

腸に対する配慮としては,ヤクルト400,ビオフェルミン,野菜ジュース,ヨーグルトの摂取。
牛肉は食べない。たまに豚肉。鶏肉は制限なし。
野菜と魚中心の食生活に変更しました。
ここ当分こうした大腸ガンに配慮した食生活を続けるとともに,徐々に運動量を増やしながら術後2年も楽しく過ごせるように頑張っていきます。


 ←宜しければ応援のクリックをお願いします。


テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

00:10  |  直腸ガン-術後1年~2年  |  TB(0)  |  CM(16)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■はじめまして

はじめまして。突然のブログ訪問ですみません。実は私も(52才)2008.2.13日に直腸がんの手術(肛門から6cmぐらいの所に腫瘍があったため腹腔鏡下超低位前方切除術で直腸、S字を切除、リンパ節郭清、一時的人工肛門設置)をしました。

リンパ節転移も7個ありステージ3bとの事。現在術後補助化学療法で抗がん剤を服用中です。

術後2週間で職場復帰もでき今のところ再発も無く順調なのですが、1年たったので一時的人工肛門を閉鎖する手術を希望したところ排便機能障害、合併症などのリスクが発生する可能性があると言われました。
1年経てば元に戻れるとゆう思いでがんばってきただけにショックを受けました。

ネットでいろいろ調べているうちにこちらのブログにたどり着きました。ブログを読ませていただいて共通点も多くとても参考になり、お気持が手に取るように解り、希望と元気もいただきました。
今後の再発や生活の事を考えるとどちらの方が生活しやすいのか迷っています。

とりあえず14日にセカンドオピニオンを受ける予定にしています。
時々めげる事もありますが、お互い可能性を信じて頑張っていけるといいですね!!

また時々ブログ訪問させて下さいね。
ふみふみ |  2009.07.08(水) 16:36 |  URL |  【コメント編集】

ふみふみ様へ。
はじめまして。いらっしゃいませ。

人工肛門が良いのか自然肛門が良いのかは難しい問題と思います。
これは医師が決められるものではなく,最終自己責任で決定すべき事項かと思います。決定の判断材料としてインターネットやセコンドオピニオンなどで色んな事例や助言をいただくもんなんでしょうね。

私の場合は1年間ゆっくりと休養できる職場状況であったため,心を痛めることも無く療養できましたが,これが3ヶ月しか休めないとかであれば,心理的にかなりのプレッシャーを感じたことでしょう。
成人が職場で便を漏らすとなれば,自己の尊厳が傷付けられますからね。

入院中に腸の内視鏡検査をしましたが,肛門に力を入れても空気がかなり漏れていました。また,腸にチューブで造影剤を入れたときも肛門括約筋が十分に機能せずチューブが外れていました。

人工肛門閉鎖術をするのであれば,事前に肛門機能の検査を十分する必要があると感じますが,自然肛門で過ごせるのであればそれに越したことはありませんよね。

セカンドオピニオンでは心ゆくまで話し合ってください。
またのご訪問をお待ちしております。
anjazz |  2009.07.08(水) 19:42 |  URL |  【コメント編集】

術後1年無事経過おめでとうございます。
かなり、便の状態が良いみたいですね。
私は、1年4ケ月過ぎたところですが、
最近、おならが多発で困っています。
便も3回から5回にない、頻便復活気味です。
特にお酒を飲みすぎたときはひどいですね(自業自得ですね)
体重も増加中です。
腸に対する配慮は、納豆と酪酸菌とにんじんジュースです。
お互いにあと4年間(ふみふみさんもですね)
経過観察無事乗り切りましょう。
では、またおじゃまさせてください。
スーパーマン |  2009.07.08(水) 21:25 |  URL |  【コメント編集】

スーパーマンさんへ。
こんにちは。

おならが頻発すると次には便が来ます。
職場では一所懸命力を入れておならを我慢しているので,トイレに行かなくて済んでいるのかも。真偽のほどは不明ですが。

3日ごとに便秘になりますので,そのときはビールを飲んでいます。そうすればその晩か翌日に便が出ます。やはりアルコールには排便作用があるのでしょうかね。
今晩はビールを飲みました。v-290

お互い頑張って無事乗り切りましょう。

anjazz |  2009.07.08(水) 22:10 |  URL |  【コメント編集】

■はじめまして

67歳になる父が先日 直腸癌を診断され 色々サイトを検索している内に あなた様のブログにたどり着きました。父の診断も 直腸のくびれた部分にかなり大きい腫瘍が有りリンパ節に多数腫れが見られるそうです。父も現在 術前放射線 科学療法を大学病院で行っています。父は5週間治療を行い6週間後に手術予定です。 色々なサイトや先日のNHKの放送を見ると 日本では 術前放射線 科学療法は余り積極的に行わないとあり 私たち家族が選んだ治療は間違えなのかと不安でいましたが あなた様のブログを読み不安が解消されました。 また ブログに訪問させていただきます。そして あなた様が これから順調に快復されるのを 心よりお祈りします。
カズ |  2009.07.15(水) 00:57 |  URL |  【コメント編集】

カズさんへ。
はじめまして。ご心配いただきありがとうございます。

当該術式については,今大学病院では積極的に実施されているんじゃないでしょうか。まだ,日が浅いので私の場合は治験ではありましたが,この方法でなければたぶん確実に人工肛門であったでしょう。

お父さんの腫瘍の位置は私と同程度低位と想像できますので,人工肛門を創設したくなければ術前放射線化学療法は避けられないと思います。

ただ,排便機能障害は長く続く可能性があります。これは超低位前方切除術であることに合わせて,放射線が肛門に照射されることもにも起因するようです。でもちょっと時間は掛かりますが,徐々に快復していくようです。
お父さんの手術が無事終わり早く快復されますように応援いたします。

またのお越しをお待ちしております。
anjazz |  2009.07.15(水) 20:22 |  URL |  【コメント編集】

■セカンドオピニオン行ってきました

こんばんは。
最近猛暑が続いておりますが、職場復帰されて疲れなどでていませんか?

先日はご丁寧なアドバイス頂き有難うございました。とても参考になりました。

セカンドオピニオンでも同じような事を言われました(肛門機能検査は必須、ダダ漏れが無ければ手術可能との事)
3~6ヶ月は排便機能障害があるかもしれないが少しずつ改善されるとの事。
後は生活のリズムをつかみ工夫する事で生活の質は高まっていくようです。(個人差はあると思いますが・・・)

1時間ぐらいかけて丁寧に解りやすく説明してくださったので不安が少し消えました。
とても熱意がある先生で患者さんのQOL(生活の質)を考えられた上での治療方針を実践されていて勇気をいただきました。

再発を最小限に抑えることが大切だと言われました。8月で1年半になりますのでPET/CTを受けて再発がなければ閉鎖手術しようと思っています。

私も術後1年5ヶ月ですが仕事(個人会社の事務、14年勤務しているので家族同様病気の事も理解して頂いて感謝しております)、家事、ストマー管理、父(悪性リンパ腫癌で今年1月なくなりました)の看病と忙しい毎日を送りながらも趣味のガーデニング、宝塚観劇、ぷち旅行を楽しみながら頑張ってきました。
気が張っていたのかお蔭様で一日も寝込むことなく過ごすことが出来ました。
助けられた命、これからも挫ける事も多々ありますが前向きに頑張っていきたいと思います。

:anjazzさんの闘病記は(職場復帰されるまでの1年、大変なご苦労があった事と思います)きっと同じ病気で悩んでいる方たちの希望と励みになっていることと思います。私もその一人です。とても感謝しております。

長々ですみません。暑い折、お身体にはくれぐれも気をつけて下さいね!!
ふみふみ |  2009.07.16(木) 18:01 |  URL |  【コメント編集】

■re:セカンドオピニオン行ってきました

こんばんは。ふみふみさん。

セカンドオピニオンに行かれてかなりの収穫があったようで良かったですね。
私が人工肛門をつけている時は漏れが気になるのでしょうか,必ず夜中に1度は目が覚めていました。閉鎖後は朝までぐっすり眠れるようになり,やはり気にしていないようでもどこか気になっていたのでしょうね。
無事人工肛門閉鎖の方向で事が進むことを願っております。

1年間大変な苦労が有ったとのお心遣いですが,ふみふみさんこそ大変でしたね。私なんか便の心配だけしていればよかったのに,多忙の中にも趣味も充実されて。その調子であれば,人工肛門閉鎖されても無事乗り切って行かれることでしょう。私は肛門から3.5cmの位置でしたから,それに比べればふみふみさんの腫瘍の位置は高いですから,私よりは術後の障害は軽いと思いますよ。

職場復帰しての私の状況ですが,職場でトイレに行くことも無く無事過ごせています。今日は昼から夏休みをもらって帰ってきましたが,帰るなりトイレに5回行きました。せっかくの休みがトイレ通いで半日棒に振ってしまいましたが,職場でこれが起きていたら大変だったと思えば良かったのかもしれません。

昨年有馬温泉に行って以来旅行に行けてないので,旅行にも行きたい病がでてきいますが,今はじゃらんのサイトを見てバーチャル旅行を楽しんでいる段階です。お泊りはもう少ししてからかな。

そろそろ梅雨も明け,暑さも本格化してきますね。ふみふみさんもお体に気をつけくださいね。
anjazz |  2009.07.16(木) 19:24 |  URL |  【コメント編集】

■最近の様子

こんにちは

手術後、1年無事過ぎ、2年目ですね。
職場復帰され、お忙しくされているのでしょう。
体調は、大丈夫でしょうか?

主人は手術後、3ヶ月過ぎ
人工肛門閉鎖2ヵ月経ちました。

排便ですが、2日間はトイレに行きますが、便が出なく
3日目の午後から、便が少し出ると、それから何度もトイレに
行きます。3日目が辛いようです。

なんとなくペースがわかってきたかな・・・・という感じです。

夜も回数が少なくなると、ゆっくり睡眠がとれてるようです。

暑くなりますが、無理しないで
お仕事して下さいね。
らん |  2009.07.21(火) 11:09 |  URL |  【コメント編集】

■re:最近の様子

こんばんは。らんさん。

体調は便以外は術前と同じくらいに快復している気がします。
まあ,体を気遣って生活しているので,無理をすれば疲れが出るのかも知れませんが,出勤当初のような疲労感は無くなりました。

夜寝られるようになったのは良かったですね。私も頻便と便秘に苦労していましたが,グラフを見てもらえば分かるように,必ず良くなっていきます。ご主人はまだ3ヶ月過ぎなんでまだまだ良くなっていきますよ。

らんさん&ご主人もしっかり水分摂って夏の暑さに負けないよう気をつけてくださいね。
anjazz |  2009.07.21(火) 20:11 |  URL |  【コメント編集】

■はじめまして

昭和38年生まれで年齢が近い男性です
もうすぐ(一ヶ月以内)人工肛門閉鎖手術を受けます
直腸ガン、肛門縁から約3cm(Rb)、腫瘍大きさ3-4cm,
人工肛門手術(腹腔鏡)→術前放射線化学療法→腹腔鏡下
超低位直腸切除手術と、ほぼ似た経緯です
ブログの存在をごく最近知ったのですが、大変参考になりました(感謝)

今一番心配なのはやはり頻便のことです
サラリーマンでは無いので出勤は無いのですが
それでも外出もままならないようで車を運転してのちょっとした外出も
しばらくは恐怖との戦いになりそうで正直不安でいっぱいです
とりあえずボクサータイプのパンツと尿取りパッドを入院手術までに
買っておくことと散髪を入院直前に済ませることにしました

他にもし何かアドバイス等ありましたらよろしく御願いします




metheny |  2009.08.01(土) 17:40 |  URL |  【コメント編集】

■re:はじめまして

こんばんは,methenyさん。

このブログが参考になったとのことでよかったです。
頻便についてのアドバイスとのですが,術後は外出が難しいと思われますので,今のうちに用事を片付けておいたほうがいいですね。そして,小さなことは気にせず気長にやっていくことでしょうかね。必ず良くなっていきますからね。

またお越しください。
anjazz |  2009.08.02(日) 01:08 |  URL |  【コメント編集】

■早速の御返事どうもです

anjazzさん

御仕事に復帰されて御忙しいなか、御返事ありがとうございます
早速御言葉に甘えまして現在の最大の心配ごとについて
尋ねさせていただくことにしました
いつでも結構ですので何とか御意見を御願いします

実は手術後に退院する際、病院から自宅まで
1時間半ぐらい車で(電車でも同じくらい)かかります
タクシーを利用することになるのですが頻便がとても心配です
それで退院日の朝食や、必要なら前日の夕食も摂らずに
最低限の水分だけに前日からとどめて当日帰宅しようかと思っています

このように食事を摂らない事は1時間半のタクシーでの帰宅に
効果があると思われますか? それとも水分をとるのであれば
頻便に効果は無いでしょうか  

いきなりこんな質問してしまって本当にどうもすいません
metheny |  2009.08.02(日) 23:53 |  URL |  【コメント編集】

■re:早速の御返事どうもです

methenyさんへ。

私の場合は小腸に人工肛門を造っていたので,腸の働きがストレートに分かりました。午前中は胃大腸反射で腸が良く動いていましたし,水分を摂れば便は柔らかくなっていました。午後からは便の出は有りませんでした。

そうしたことから,私は水分も控えて午後からの退院としました。

また,人工肛門を付けているときは,便を固めるためにロペミン,フェロベリン,タンニン酸アルブミン,ビオフェルミンを服用していましたので,そういった薬を医師に処方してもらうのも一案かもしれません。
ただし,術後は十分に腸が快復していないので,腸閉塞を避けるため蠕動を活性化させる大健中湯を飲んでいたので,使用については注意が必要です。

無駄になるかもしれませんが,今回に限りパンツ型のオムツを使うというのも考えられると思います。
anjazz |  2009.08.03(月) 19:56 |  URL |  【コメント編集】

■重ね重ねありがとうございます

本当にありがとうございます  大変参考になりました
これで何とか手術日まで覚悟が決めれそうです

anjazzさんのようにはいかないかもしれませんが、
自分も何とか閉鎖手術→社会復帰(?)の道を頑張りたいと思います
metheny |  2009.08.03(月) 23:26 |  URL |  【コメント編集】

■re:重ね重ねありがとうございます

methenyさんへ。

たいしたお答えができずすみません。
大変良く似た経緯同士,お互い頑張っていきましょう。
anjazz |  2009.08.05(水) 02:58 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://anjazz.blog60.fc2.com/tb.php/147-9cd3bc7d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。