2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.23 (Sat)

友人が癌に

かつて10年ほど前,同僚の仲良し4人組(男女2)でよく酒を飲みに行っていました。
酒よりおしゃべりと食べることに力点を置いた宴会で,締めはカラオケでというのがいつものパターン。

最年少なのですが話のリード役でもあった彼女がお目出度になり,それを期に飲み会が開かれることもなくなり,人事異動でみんなバラバラの職場になったため,いつの間にかみんな疎遠になっていました。

数年前彼女が体調を崩しているという話を聞いたことはあったのだが,それが乳癌だということは数日前までは知らなかった。県外の病院で治療していたのだが,数日前に地元の病院に帰ってきた。
明日10年前のメンバーでお見舞いに行くことになっている。

メールで病状を伺ったときは,私の術後の心配をする持ち前の気丈ぶりが伝わってくる文面であったが,いざあって見るとどうなんだろうか。
平然と話が出きるか心配です。
メールを出してから1週間経ってるし。

帰ってくる病院がホスピスだなんて。
良くなって帰ってきて欲しかった。
自分が癌を宣告されたときより辛い。


 ←宜しければ応援のクリックをお願いします。

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

23:12  |  日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■なんて言ったらいいか・・・

辛いですね、あんぱん母さんが再発して入院した時隣のベットの方現役の看護師さんとのこと、母さんより元気そう話ているうち癌の層が複数でき治療できず緩和ケアのベット待ちとのこと母さんをじっと見て、あなたは大丈夫よ、といってくれた事で母さんも立ち直れました。母さんが、どうすれば強くなれるんですか、と訪ねると、受け入れるだけよ・・・母さんが退院の時お守り代わりにもっていた置物をわたすとかわいい、ずっともってるからね・・・後日主治医にお見舞いに行きたいと言うと、最後まで立派だったよ・・・・。
この病にかかった以上命ある限り一生懸命生きなくちゃと思います。
なんだかまとまらない文章ですみません。
あんぱん父さん |  2009.05.24(日) 15:04 |  URL |  【コメント編集】

県外の病院に入院しているときは,旦那さんは毎週土日に子どもを連れて泊まりがけで見舞いに行っていたそうで,それだけでなく日常生活も大変でしょうが,そうした苦労を彼女に感じさせまいと普通に接している旦那の優しい思いやりを先日お見舞いに行ったときにひしひしと感じました。
彼女もそれに応えて一生懸命に病気と闘っていました。
anjazz |  2009.05.29(金) 21:53 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://anjazz.blog60.fc2.com/tb.php/134-b0db5478

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。