2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.07 (Wed)

放射線治療開始

本日から放射線治療開始である。

5日間 抗癌剤UFT服用+放射線照射
2日間 休み

上記1セットを計4セット実施する。

毎日9:15から20回,約1ヶ月間ここに通うこととなる。

待合室では,40~50代の女性が多かった。
ここにいるのは,みんな癌患者なんだと考えていると,呼び出しがかかった。
大学病院には珍しく,予約時間どおりの呼び出しである。

治療台に仰向けに横たわり,パンツを下げ,先日マークした+マークを目印に,照射位置を調整し
放射線技師は,別室に避難する。

しばらくして機械が回転しながら,直腸めがけて4カ所から放射線2grayが照射される。
(20日間で計40grayを照射)

この間数分間,いらぬ所に放射線が当たらないように,下半身を露出したまま,身動きせずじっとしている。

ああ,これで,私の内臓は被爆し,生涯通常の細胞ではなくなるのだなと思うと,もう後戻りはできないのだと考えていると,「下着を直してください」との声で,あっけなく治療が終了した。

これなら,予約時間どおり治療が進むはずだ。

毎日1時間休暇を取って治療を行う計画で,10:30分からの勤務に向け,職場に車を走らせた。


 ←宜しければ応援のクリックをお願いします。

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

タグ : 放射線治療 抗癌剤

23:06  |  直腸ガン-放射線治療  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://anjazz.blog60.fc2.com/tb.php/13-cffcadd7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。