2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.18 (Wed)

「がんと栄養」について

先日,医師会主催の医学会学術集会の「がんと栄養」という集会が開催された。
直腸ガン手術してから便秘がちであったり,腸閉塞の心配をしなければいけないなど
腸の機能が弱っており今までのように何でも食べることもできず,
また,ガンを引き起こしそうなものは極力避けたいという思いで,
どういう食餌がよいのか知りたくてシンポジウムを受講した。

大腸ガン発生の要因として,生活習慣が50%で,残りが環境と遺伝であるとのことで,
思いの外生活習慣が占める割合が多いことに驚いた。
日頃の不摂生が大腸ガンを招いたのだろうか。
生活習慣の病気といえば運動不足が糖尿病の増加を引き起こしている感があったが,
実は生活習慣が糖尿に及ぼすのは30%で大部分は遺伝であるということも驚きであった。


column01.gif
                                           資料:がん情報提供コーナー

赤身肉(牛,豚)は500g/週未満,ファストフードや加工・保存肉(ハム・ベーコンなど)は食べてはいけない。
運動は毎日30分以上行い,3時間以上テレビを見るような生活をやめる。

要は,肉食偏向から野菜中心の生活にし,適度な運動を心がけるという
ガンを問わず昔から言われている健康の王道を守れということであった。

米国がん研究協会でも同じような結果が出ているが,はじめて聞いたのが
高身長は大腸ガン発生に確実に影響するということであった。
私は181cmなのでそのとおりなのだが,アメリカでの調査ではそういう結果が出ているらしい。

毎日,地球2個分の人口で1人の割合でガン細胞が発生しているという。
食生活の改善と運動をする事により,これらの発生率の低減と発生したガン細胞の死滅作用の増強に勤めなければいけないことを実感した。



 ←宜しければ応援のクリックをお願いします。




テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

17:06  |  直腸ガン-術後半年~1年  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://anjazz.blog60.fc2.com/tb.php/108-7a9235e3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。