2011年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.08.23 (Tue)

ほどほどがいい

昨日の「きょうの健康」のテーマは自分のリスクを知ろうということでした。
番組の中で「がんリスクチェック」の紹介がありました。

これは、国立がんセンターが20年間にわたり収集した10万件のデータを対象にして調査研究したもので、今後10年後のがんなどの罹患リスクを判断するというものです。

では、早速チェックしてみましょう。

私の入力データは次のとおりです。

50歳、男性、181cm、82kg
煙草はやめた
ビールを週5日 350cc1本

年齢は高くなるほど当然罹患リスクは高くなっていくでしょうから、
あまり気にせずに入力をと。
体重は、先日の人間ドックで肥満一歩手前なので食事の節制を言われました。

BMIでいうと25ですので、日本肥満学会では22が標準体重で
25以上が肥満といわれています。
ちなみに、181cmの身長でBMI22といえば72kgでなければいけません。
これはちょっとスマートな体型ですね。

飲酒についてはよく晩酌をするようになってきました。といっても缶ビール1本ですがね。


さてさて、これで入力すればどうなるか。

結果は、
がんになる危険度も、循環器系の病気になる危険度も平均よりも低いと出ました。

ちなみに、これを標準体重として、飲酒回数を0とすればどうなるか。
危険度が7.5%から8.4%に上昇しました

この結果から分かったことは、多少小太りで、
適度に飲酒をするほうが長生きだということ。

無理な節制は良くない。大らかに生活していけばいいのだと納得し
多少気が楽になりました。


ちなみにWHOでは飲酒は大腸がんのリスクを上げることが「確実」とされている一方、
多少の飲酒は心筋梗塞や脳梗塞のリスクを下げる効果があることが知られています。
また、野菜や果物が体に良いかといえば、
腎臓の機能が低下している人には、良くありません。

ある一面だけを強調、強化するような健康方法は望ましくないということでしょうか。
バランスよく、陰陽どちらにも転ばない中庸をもって良しとしましょう。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。





スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

21:12  |  直腸ガン-術後2年~3年  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011.08.21 (Sun)

きょうの健康 がん関係

今月末から来月初旬にかけての、がん関係のテレビ情報をお知らせします。

きょうの健康
NHK Eテレ(教育) 
月~金 20:30~20:45


「ここまでわかった がん予防最前線」

(8月)
22日 月曜日

自分のリスクを知ろう

23日 火曜日

生活習慣を見直そう

24日 水曜日

正しく知ろう放射線とがん




進む大腸がん治療」

(9月)
 5日 月曜日

まずは検診で早期発見!

 6日 火曜日

治療の中心 手術

 7日 水曜日

内視鏡・薬

 8日 木曜日

術後のトラブル解消!







にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。




テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

22:16  |  直腸ガン-術後2年~3年  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.08.10 (Wed)

脳ドック

半世紀使ってきた体をチェックしてもらうために、人間ドックに行ってきました。
50周年記念ではないですが、今回は、脳ドックというのを加えてみました。

検査自体はMRIで脳と頚動脈を調べるということで、
私にとってMRIは寝てしまうほど快適な検査なので、
特に不安も無く検査に臨みました。

過去のMRI検査のログ
http://anjazz.blog60.fc2.com/blog-entry-23.html

脳と頚動脈で2回に分けて検査が行われました。
ガンガンガンという金属音に加えて
昔のシンセサイザーで弾いたような音が聞こえてきますが、
特に今回の脳の検査では眠ってしまうことも無く無事終了しまして、

引き続いて頚動脈の検査です。
検査前に、画像がぶれるから首を動かさないということと
唾を飲み込まないよう注意がありました。

同じ機械なのですが、先ほどとちょっと音が違いまして
ピチュピチュピチュ
チョンチョンチョン
ぷにょんぷにょんぴにょん
モウモウモウなど変な音の連続で
何故か気になりだすと可笑しくて、笑いをこらえるのに大変でした。

また、唾を飲み込むなといわれたらよけいに飲み込みたくなって
我慢していると口の中にいっぱい唾がたまってきて、
反射で3回ほどゴクンと飲み込んでしまいましたが
撮影結果には大きな影響は無かったようでした。

すぐに脳外科の先生から脳の輪切りや3D立体画像を画像を見ながら説明を受けまして
血管の詰まりや脳の萎縮など検査で異常は無いとのことでした。よかった。

その後に視力検査があったのですが、MRIの磁力の効果なのでしょうか
2月末に実施した視力検査では0.7であったのが
不思議なことに1.5と1.2と驚くべき数値。
まるで小学生の頃のような検査結果に何故か恥ずかしさを感じました。

その他の項目でも血圧が高い以外は異常無く
無事半日脳ドックを終了することができました。

これで、阿波のお盆の4日間のフェスティバルを心置きなく堪能できます。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。




テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

23:59  |  直腸ガン-術後2年~3年  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。