2011年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.04.09 (Sat)

ルーマーの歌声

昨夜、妻が「じつは 腹筋くん」で、グリーン列車よろしくシートを倒してぐっすり眠っていたので、テレビと電灯を消して、車内以外では滅多に聞くことのないラジオを何気なしにつけてみると、
懐かしの

 ロ~ンリ~ アイ ミスターロ~ンリ~

のメロディが流れてきました。

現在の機長は、大沢たかおさんになっていますが、私の馴染みは城達也さんです。

今は無き音楽好きな父と一緒に部屋を暗くして0時からラジオを聞いていた記憶が蘇ってきました。
あれは小学校の時だったからもう40年も前のことです。
当時は、飛行機の実物も見たことがないのに、ナレーションの間に聞こえる機材の音を聞いて、夜間飛行をしているような気分になっていたのが懐かしい。

そして、回想しながら聞いたせいなのでしょうか、その夜に聞こえてくる音楽も、
以前どこかで聞いたような、何か懐かしい歌声に思えてきました。
この声、低音から高音に上げるときの感じが、中学時代によく聞いていたカレンによく似ているのです。

彼女は、Rumer ルーマーというイギリスの歌手で、31歳で昨年デビューを果たし、
ブリット・アワード 2011で「最優秀新人賞」「最優秀ブリティッシュ女性アーティスト賞」の2部門にノミネートされたそうです。






もう1曲







この時代に、1970年代を感じさせるような、

ゆったりした歌と曲調に魅了されついポチってしまいました。






にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。

スポンサーサイト

テーマ : 雑記 ジャンル : その他

16:35  |  日記  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2011.04.08 (Fri)

ノロウイルス感染その後

まだ、37.0度の微熱はありますが、下痢は止まりました。
時々、寒気がしたり、頭痛がするのですが、寝たり起きたりの生活の為もあるかもしれません。
なんとか回復の兆しがみえてきました。だいたい2,3日で回復するらしいです。

しかし、ウイルス性腸炎(医師はノロウイルスだろうとのこと)って、いきなり症状が現れるのでびっくりします。半世紀(先月にめでたく50歳の誕生日を迎えました)生きてきて、こんなのは初めての経験です。

外科手術は2度経験し、若干の痛みはありましたが、痛み止めで抑えられていましたし、気分は爽快でした。今回は、吐き気でトイレにしゃがみ込むは、いくら布団を着てもぶるぶる震える悪寒と、39度近い熱のうえに、大腸内視鏡の検査の時に2リットルの下剤を飲んだときのような下痢。体に与える負担はかなりのものでした。

聞くところによると、ノロウイルスは非常に感染力は強いものの、発病しないこともあるらしいです。
手術により腸が弱っているのかどうかは変わりませんが、食中毒はもちろんのこと、今後は気を引き締め食生活を大切にしないと行けないと思っています。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

21:59  |  直腸ガン-術後2年~3年  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.04.07 (Thu)

何回もトイレに。でもいつもと様子が違う。

昨日の夜中に何度かトイレに起きました。
じつは腹筋くんの効果が現れすぎたのかななどと思いましたが、
どうもいつもと様子が違います。

布団の中にいるのに寒くって、吐き気もします。
体温を測ってみると、38.1度。
インフルエンザのような症状なのですが、咳は出ないし、関節痛はないので、ちょっと違う。

朝になって大腸内視鏡の前処理を行ったときのような水様便が出ます。
特に食あたりになるようなものも食べていないのですが、
あまりの異常に仕事をお休みして病院に行くことにしました。

せっかくのお弁当も家で食べるのかな。

L1030071.jpg


診断結果
ウイルス性腸炎

インフルエンザが終わった時期に出てくる病気らしいです。
原因はこの時期にカキなどを食べたときによく出るらしいのですが
そんな覚えもないし。
先生が言うにはどこかで感染したのだろうと言うことでした。

1時間ほど点滴をして大量の薬をもらって帰ってきました。

食事は、ポカリスエット→ウィダーインゼリー→3部粥→5部粥→7部粥→全粥→通常食
と、1食ごとに様子を見ながら変えていくらしいです。
お弁当を食べるどころではないみたいです。

腸に負担をかけず、治していくしかなく
多量の下痢をすると貴重な腸液が排出され、体力が奪われてしまうらしいです。

今、体温を測ってみると38.8度でしたので頓服を飲みました。

処方された薬です。

クラビット錠 感染症を治療
ナウゼリン錠 吐き気、食欲不振を押さえる
ガスコン錠  腸のガスを取り除く
ビオフェルミンR錠 腸の調子を整える
カロナール錠 熱を下げる
ナウゼリン座薬 吐き気を押さえる
リンデロンVG軟膏 下痢で爛れたおしりに塗る

直腸ガンで入院しているときより、多いのにびっくり。
確かに、その時を上回る倦怠感と下痢です。

久々にダウンしています。



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。


テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

19:26  |  直腸ガン-術後2年~3年  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011.04.02 (Sat)

じつは 腹筋くん 続編

先日購入した「じつは 腹筋くん」なのですが、
その掛け心地の良さから、テレビ座椅子&うたた寝椅子での使用が大半となっています。

腹筋をしていたはずの妻が静かになっているので、ふと振り返ると、すでに夢見心地となっているのです。

実はこれが大事なことであって、専用器具であったならば、意を決してその場に行かなくてはならず、
そのうち億劫になって、使われないということになる、、、というのが今までの私の経験です。

でも、この椅子はうたた寝から目が覚めれば、10数回でもまた腹筋をすればよいので
1日の腹筋での使用回数も累積すれば結構な回数になります。

それで、早くも効果が現れました。
ウエストの引き締まりではなく(2日では無理です)、
先週あんなに苦しんでいたお通じが、腹筋を始めてから2日間とも、
毎朝快調です。

デスクワークなので日中は腰掛けたままなため、腸の運動も悪くなっているのだと思います。
散歩が良いのは分かっていますが、帰宅して食事とティータイム&おやつを終えると夜の10時ですので、
平日はなかなか難しい。

ということで「じつは 腹筋くん」の出番です。
腹筋は腸に直接作用してマッサージ効果があるみたいです。

私は直腸を摘出していますので、真っ直ぐの管が肛門に繋がっています。
普通の人なら排便時は、新品のマヨネーズを絞り出すような感じなのですが、
私の場合、歯磨きチューブを絞り出すような感じになるので、
なかなか大量に出すことができません。

腹筋を鍛えることにより、マッサージ効果による蠕動運動の促進と、
絞り出す力の向上により、便秘解消につながりような気がします。

まだ、使用後2日目なのですが、この椅子に結構期待を寄せています。
良い感じです。



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。

テーマ : 日記 ジャンル : 日記

12:03  |  直腸ガン-術後2年~3年  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。