2011年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.03.31 (Thu)

じつは 腹筋くん

2年目を過ぎた頃からでしょうか、便秘気味になっています。
酷いときは3~4日出ないときもあったりして、出すときには非常に苦労したりします。

以前に大腸内視鏡検査をしたときは、3日溜め込んで臨んだため、2リットルの下剤もものともせず、たくさん腸内に便が貯まっており検査が大変でした。

便秘は大腸ガンを招くなどと言って、商品を買わす広告材料としていものをよく見かけますが、大腸ガンが腸を狭くして便秘を招くことはありますが、便秘と大腸ガンとの因果関係は無いことが分かっています。

しかし、固くなった便を出すのに1日中かかることもあり、肛門にも負担をかけます。
食物繊維と運動がよいとのことですので、形からはいる私はまたまたネットで道具を買っちゃいました。

結構大きい箱です。
L1030025.jpg

その名も、「じつは腹筋くん」
通販での買い物の楽しみは、梱包を開ける瞬間です。実物を見ずに買うものですから、失敗した~という時もありますし、想像以上の時のうれしさもあります。
L1030026.jpg
なかなか、品質は良さそうです。さすが世界のミズノ。

L1030030.jpg

自動車のシートみたいで、リクライニング調整もこのバーで行います。

L1030031.jpg

こうみると、座椅子みたいですが

L1030033.jpg

足下の真ん中の部品が起きあがります。
「じつは腹筋くん」なのです。


使い方はこんな感じで、

L1030032.jpg




L1030034.jpg

L1030035.jpg

膝押さえが絶妙な位置です。
クッションが低反発マットみたいで、腹筋してても、おしりが痛くなくて気持ちいい。
そして、ついウトウトと眠ってしまいました。
本日のところは、良い「ごろ寝いす」となってしまいました。
今回の買い物は成功のようです。





にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。

スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

22:52  |  直腸ガン-術後2年~3年  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011.03.22 (Tue)

排便の状況

ブログの読者から便・尿失禁についてのお問い合わせがありました。
タイムリーなことに、本日20時からNHK教育テレビの「名医にQ」で、昨年人気のあった番組のアンコール放送「排泄の悩み」という番組がありました。

内容は、次のとおりです。
2010年8月・9月に放送し反響の大きかった、尿もれ・頻尿・便失禁など排せつの悩みに関する2回の内容をまとめ、再構成して伝える。40代以上の女性では約4割に尿もれ経験があるとされるが、恥ずかしさなどから受診せず、一人で悩む人も多い。手術など適切な治療で改善も期待できるので、きちんと検査し原因を突き止めることが必要。高齢者に多い便秘が便失禁を招くこともある。尿もれパッドなどのケアグッズ情報も紹介。

また再放送もあると思いますが、昨年の放送概要は下記のとおりです。

尿もれ・頻尿・排せつの悩み<主な内容>

あなたの疑問に答えます 排せつの悩み<主な内容>


さて、先日の6ヶ月定期検診時に「直腸癌術後便失禁のQOLへの影響に関する質問票」でのアンケートがありました。
これは、大腸癌研究会が直腸ガン手術後半年以上経過した患者の便失禁症例を調査し、QOLへの影響を把握するためのものです
http://www.jsccr.jp/mfiql.html


QOL.jpg
    クリックすると大きくなります。


□の右下の数字が点数で、各項目の合計で排便に関するQOLを数値化するというものです。

{(14項目の点数の合計)-14}÷42×100

全て「ぜんぜんない」であれば「0点」で全て「ほとんどいつも」であれば「100点」となります。

ちなみに、ここ1ヶ月の私の状況を記入してみればこのとおりです。

QOL-2.jpg


点数化すると78点ですので、あまりQOLが高いとはいえないようです。

しかし、余り物事を深刻に考えない私は楽しく日常生活を過ごせています。
まあこうして幸せにすごせるのも、家族と職場の理解あってのものと思いますので、感謝しなければと思います。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

07:20  |  直腸ガン-術後2年~3年  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011.03.17 (Thu)

排便障害者にとって震災時のトイレは大問題、だからそこ応援します。

今被災地で困ることにあげられていることの一つに、トイレのことが掲げられています。
健常な人でもそうですから、排便障害を有している者がこのような事態に直面した場合は、多大なる肉体的、精神的な打撃を受けることが予想されます。
私は今でも、次から次へと催すことによりトイレに20分ほど籠もっていることもあります。
今回のような被災状況下において、そんな長時間のトイレの独占は難しいでしょう。
便が漏れても生命には危機はありませんが、人間の尊厳という面ではトップランクに位置するものだと考えています。
阪神淡路大震災時でもトイレの数が足りないことについては大きく問題視されました。
トイレに行けないため、また、行かないようにするためにお年寄りが水分を控えたために、脱水状況を起こし悲惨な状態になったという事例もありました。また、朝設置したトイレも夕方には汚物でいっぱいになったという話も聞きました。それを考えると、同病の方々が心配でなりません。
阪神淡路大震災よりも広範囲で大規模な今回の地震。大変でしょうが頑張ってもらいたい。
今は、福島原発が話題となってそれ以外の被災情報が伝わりにくくなっていますが、排便障害は一例ですが、それ以外にも障害を抱えて被災を克服しようとしている方々が数多くいます。日本人一丸となってみんなで災害に遭われた方を支援する行動を取らなければ行けません。
私の職場からはすでに十人が被災地に向かいました。さらに、今後数ヶ月に渡って数十人単位で支援に行く様な話があり、私の課からも一名行くことが決まりました。私はこんな体ですから足手まといになることから、被災地には行けませんが、後方支援や義捐金という面で支援してゆきたいと考えています。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。


テーマ : 今日の出来事 ジャンル : 日記

20:56  |  直腸ガン-術後2年~3年  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2011.03.16 (Wed)

6ヶ月検診

先週のCT検査の結果を聞きに行ってきました。
先月末の人間ドックでの胃ガンの疑いから始まり
大腸内視鏡検査、6ヶ月検診でのCT検査とこの度は検査ずくめでした。

2008年7月に手術してから2年8ヶ月ですが、今回がフル検査となりました。
大腸内視鏡、胸のx線、胃カメラ、エコーによる肝臓、腎臓、腫瘍マーカーそしてCT検査の結果と全てにおいて異常なしでした。

無題


先の他病院で実施した人間ドックの結果と胃ガンの疑いがあると診断された胃カメラの写真も持参して説明をした。なんと主治医は、毎週金曜日は出向医として勤務しているとのこと。じゃあ、人間ドックをしたときは勤務したのだったのだ。

胃の腫瘍についてですが、良性という判断が出ていますが、担当医も「念のために数ヶ月後の再検査をした方が良い」と言われていました。生検には3カ所から採ったのだが、たまたま良性の箇所ばかりを採ったかもしれないというのがその理由らしい。まず心配はないですけどもね、と言ってくれたので不安感はないのですが、3ヶ月後に再度胃カメラでの検査を受けようと思っています。

大腸内視鏡での検査についてですが、写真を元に術後の具合を説明いただいた。数ミリのポリープがあるだけで、特に異常はないとのこと。そして、吻合部を見るとほぼ肛門に大腸が縫い合わされていることが分かりました。
なにげに、すごい手術をしており、人工肛門を回避していただいた医師に改めて感謝しました。


さあ、これで安心して、3年目に突入することができます。

健康に過ごせていることに感謝して、妻も私も僅かではありますが、東北関東大震災の被災者に対して義捐金を送りました。
被災者の中には、同じような病状、障害を抱えている方もたくさんいると思われますが、頑張って乗り切っていただくことを切に願っております。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

20:17  |  直腸ガン-術後2年~3年  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.03.12 (Sat)

さらにサプライズ

帰宅すると「BS asahi」のなんとかの森などというファンタジーな名前の所から荷物が来ているという。
見覚えもないし、送りつけ詐欺かなどと話をしながら荷物を見てみた。


L1020982-2.jpg

ああ、アファンの森か。

うん? GXR・・・?

ひょへ~!

うふ。


えーと荷物の中身はこんなものです。

L1020998.jpg


そしてこんな手紙が。

L1020997.jpg


思い出しました。1月に放送のあったCWニコルの番組のプレゼントに応募していたのです。
まさか当たるとは。

中身はこんなもの。

L1030003.jpg


いったい何って?

組み立てるとこうなるのです。

マニアックなコンパクトデジカメですね。

RICOH GRXに28mmのレンズと液晶ビューファインダーにネックストラップが付いています。

L1030006.jpg

ビックカメラのホームページでは120,690円で販売されております。

昨日の検査結果良性の通知に引き続いて、プレゼントの当選と嬉しいことの連続です。


このカメラを持って、CWニコルの番組のように森を散策して自然を撮影する自分を思い浮かべているところです。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。







テーマ : 今日の出来事 ジャンル : 日記

00:52  |  直腸ガン-術後2年~3年  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.03.10 (Thu)

人間ドックの精密検査結果が来ました

2週間前に行った人間ドックにおいて
初めての胃カメラでの検査を行いました。

その時は、検査医がモニターに映し出される胃壁の腫瘍らしきものを見ながら
まだこの範囲なら内視鏡で切り取れる
場合によれば病院の紹介状を書いて・・
などといいながら精密検査用に3カ所の細胞を採取しました。

そしてその検査結果が出ました。

生検にて、良性でしたが、念のため3ヶ月後に再検査をしてくださいというものでした。

どうも、胃ガンではなかったようです。

皆様どうもお騒がせいたしました。
ご心配をかけてすみませんでした。
ただの人騒がせなやつとなってしまいました。

でも、本人と家族は大喜びで歓喜の涙を流しましたのでお許しください。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。







テーマ : 今日の出来事 ジャンル : 日記

20:28  |  直腸ガン-術後2年~3年  |  TB(0)  |  CM(18)  |  EDIT  |  Top↑

2011.03.09 (Wed)

大腸内視鏡検査に行く

本日は、大腸内視鏡検査の日です。
前回直腸ガンが見つかった2008年3月1日からちょうど3年ぶりとなります。


6:45
便意で目が覚める
3日間貯めている割には、大量に便は出ず。
途中で便意を催しても困るので、早目に家を出る。

8:30
病院に到着し受付をする。
9時から開始予定なのだが、早めに8:50からニコフレックスを飲むことになった。
この早めが後に功を奏することとなる。

本日は女性1名を含め全4名が検査されるのだが、
検査室には、長机に椅子。トイレは3つ。

直腸ガンの手術をしてから、便の我慢できる時間が短くなり
水様便に至っては、我慢できる時間はほとんど瞬間。
だから、2リットルの洗腸液を飲んで消化器がまるで排水管のように感じるほどの前処理が必要な大腸内視鏡検査を一番恐れていたのです。
だから、換えパンツ2着、尿取りパット10枚、汚物入れ用のビニール袋10枚等周到な準備をして検査に臨みました。

しかし、早めに行ったおかげでトイレに一番近いところに座ることができ
早くからそのトイレを使い始めたせいで、自然と縄張りと力関係が形作られ、
そのトイレは私専用のような扱いになった。

あぶれたのは、一番最後に来た人で、一般外来用に用を足しに行っていました。

早起きは三文の徳とはよく言ったモノ。
トイレ籠もりっきりになることができ、パットを汚すことなく無事(これが無事ではなかったのだが)排便を完了した。

1から5段階までの便のサンプル写真で説明があり、
ツブツブが無い透き通った便か、若干茶色い便になればok。

最初の40分で1リットルを飲み、次の1時間で1リットルを飲み干しました。
10時から排便が始まり、12時までで9回トイレに行き、ちょっと茶色いのですがブツブツの無い便が6回目から出ていた。私が検査1番乗りとなった。女性は、私が検査に行く頃になってもまだトイレに行っていた。
確かに、妙齢の女性が、男性の中でトイレに行くには、緊張で便もなかなか出ずまい

検査室で一緒になった高齢の方にどうも見覚えがあるので、話しかけてみたところ、3年前の同じ時期に入院していた方であることが判明。同じ担当医でもあった。彼は永久のストマ生活を送っているようで、交換が面倒、肛門があるのが良いと言っていたが、私の術後の排便機能障害の苦労話をするうちに、いろいろ善し悪しですねと言うことで双方納得した。彼は、以前とほぼ同じような生活を送っているとのことでした。


13:00 検査開始
恒例の後ろ穴あき紙パンツに履き替えてベッドに横たわる。
バックにかかっている軽音楽が心を安らげてくれる。
20代と思われる女医が肛門に指を突っ込み麻酔ゼリーを塗ってくれる。
穴あきパンツのお陰で手探りで塗るので恥ずかしさは無い。
この作業は女性に限る。以前180cmを越えるような大男医師がしてくれたときは、太い指を挿入されてきつかった思い出がある。

そんなこんなで、内視鏡を肛門から挿入してベッドの横に設置されているモニターに映し出される腸内を医師の説明とともに見ていく。
苦痛はない。
肛門から入ってすぐに、あれっ、ちょいと様子がおかしい。

モニターに見えるのは、視界が塞がれ、ヘドロの中を突き進む潜水艦みたいな画像である。

どうやら、十分腸内洗浄ができていないみたいである。

3日間便秘していた割に、便の出る量が少ないなとは薄々思っていたのだが。
とほほ。

医師も苦労しながら、奥へと探査を開始してくれた。
内視鏡には吸引や液を注入機材もついているみたいで、
水分をかけて洗浄しながら汚水を吸い出して腸内を検査していった。
ただし、固形物の吸引をすると詰まってしまうので、液を流して横に寄せ、腸を観察し、液を吸い取るという作業を繰り返し検査をしてくれた。

見る限り異変は見つからず、肛門から30cmのところにポリープはあるが、4ミリ程度で、術前からあるものなので、3年間でそんなに大きくなっていないころから、問題なく経過観察ということになった
検査医は、直腸ガンを切除し、縫合した位置が肛門に近いところにあることを驚いていた。
結構な超低位前方切除術であったみたいだ。
縫合部に青い検査液をかけるが特に異常も無し。

13:45 検査終了

別室で、最終説明があったが、検査室で聞いた内容を写真付きで説明してくれた。
再発等見受けられないとのお墨付きをいただいた。

14:00 会計を済まして駐車場に向かう。
腸内の便を排除するために空気をたくさん入れたので、お腹が張って痛く、2回へ上る階段に一苦労した。
家に帰るなり、ガスが出てお腹の痛みが消え去り、本日の任務完了

23:00 ガスと透明便はまだ出ている。

にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。




テーマ : 今日の出来事 ジャンル : 日記

17:10  |  直腸ガン-術後2年~3年  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.03.08 (Tue)

6ヶ月検診及び大腸内視鏡検査前日

本日は、6ヶ月定期検診の血液検査及び造影剤CT検査の日です。
また、明日は、大腸内視鏡検査がありますので、今日から食事制限を始めます。

朝食は普段どおりの、食パン、牛乳、ヨーグルト、ヤクルト400、コーヒーです。
昨日、大便が出ていませんので、今朝頑張ってみましたが、出てくれません。
今夜に望みをかけることにします。

昨日の内科でいただいた検査前の書類には、
前日の食事については特段触れられず、
20時までに夕食を摂ってくださいとの記載のみ。
明日は、大量の洗腸液で腸を洗い流すに違いない。

術前の内視鏡検査時にはクリアスルーを利用して、検査一番乗りを果たしたの思いだした。
当時、3名で検査に望んだのですが、
女性は検査食も使用せず、夜に我慢できずにお菓子を食べたとかで
10回以上トイレに行っているのに、澄んだ便が出ずに困っていた。
そんな中、私は断トツの便のクリアー度を誇りました。

今回も丁寧に前処理をしようと思う。
何事も下準備8割、本番2割ですからね。

13:10 採血
13:30 造影剤CT

CTも慣れたもので、造影剤を注射されてほんの少し体内の血管が熱くなるのを感じるだけで、
特に不安もなく10分程度で終了した。
できるだけ早く造影剤を体外に出すため、
コップ2杯の水を飲み、会計を済ませた。

病院の帰りに以前クリアスルーを買った薬局に寄ったのだが、
最近は病院で販売しているため、そこの薬局では取り扱っていないとのこと。
もう、14時を越えているので諦めて家に帰り、せっかくの麺の腰が台無しだが
讃岐うどんを柔らかく煮て食べた。


19時 夕食

大腸内視鏡検査の手引きを見てみると、
昼食は具や薬味の入ってない「ゆでうどん1玉」、
そして、夕食は「おかゆ」「具のないみそ汁」「薬味を使わない冷や奴半丁」となっています。
今晩はこれでいこう。これだけでも結構な量があるので、空腹に苛まれることはなさそうです。

しかし、日曜日から便が出ていない。
出るのは鼻がひん曲がるような屁のみ。


20時 これ以降は、固形物の接種は禁止です。

21時 プルゼニド2錠を200cc以上の水で服用

これで、明日は3日ぶりの大量便が出る、ハズ。




にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。


21:41  |  直腸ガン-術後2年~3年  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011.03.07 (Mon)

内科受診

初内科。
といっても、今日の目的は、胃ガンの件ではなくて
大腸内視鏡の検査日の予約です。

9時に病院の受付を済ませて、待つこと2時間。
やっと呼ばれて、検査日を相談。
明後日の8日(水)にすることにしました。
この間3分間。

ついでに、胃ガンらしきものがあるといわれているのだが
明日のCT検査は予定どおり行っても良いのか聞いたのですが
消化器外科で聞いてくれとのことでしたので
明日は、予定どおり造影剤CT検査をすることとしました。

水曜日の内視鏡検査に備えて
今晩のメニューは低残渣食であるうどんにしました。

明日も、腸に残らない食事を摂る必要があります。
以前の検査時は、大腸内視鏡検査用の食事を購入したのですが
今回は面倒なので買いませんでした。
また、明日もうどんかな。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。

テーマ : 今日の出来事 ジャンル : 日記

20:41  |  直腸ガン-術後2年~3年  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。