2011年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.28 (Mon)

直腸ガン定期検診のとの兼ね合い

3月8日には直腸ガンの6ヶ月ごとのCT検査が予定されています。

胃の組織検査はその前後に出るので
もし胃がんであって精密検査でCTを撮るということになると
立て続けに被爆をすることになってしまいます。
上司に人間ドックの検査結果を報告し、
時間休みをもらって病院に相談に行くことにしました。

受付でCTの検査内容を調べてもらったところ
骨盤内と胃を含む腹部を撮影する予定なので問題ないとのことでした。

安心して、職場に戻り上司に報告したのですが
小さなガンならCTでは判別できないのでないのか。
PET-CTとかでないと分からないのではと言われました。
また、胃ガンのサバイバーである上司は
内視鏡で取り切れるモノであれば良いのになと心配してくれました。

確かにそうです。
6月ごとに胃の周辺のCTを撮っていたのに
今まで分からなかったのですから、言われてみればそのとおりです。

近いうちに担当医に会って相談しようと思っています。

今晩は少し残業をして仕事の片付けをし
身の回りを少しだけ軽くして帰ってきました。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。


スポンサーサイト
22:58  |  直腸ガン-術後2年~3年  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.28 (Mon)

ちょっとお出かけ

胃ガンであるとすれば今後引きこもり生活になるので
今日はちょっと気晴らしに足をのばして
瀬戸中央道「与島PA」Uターンドライブをしてきました。

DSC05476 コピー


フィッシャーマンズワーフには昔の賑やかさはなく
今はほとんど覗かれることのない双眼鏡

DSC05493.jpg


瀬戸内海は穏やかで、ゆったり流れる時間は
今の私には居心地が良かった。

Dsc05481.jpg

さて、250km4時間ほどのドライブでしたが、
日常を離れてほんのちょっと旅行気分が味わえました。


さて、胃がんの件ですが
潰瘍は胃がただれたようになるのに対して
私の胃は隆起しているので腫瘍と思います。
そいて、ヒダが見受けられますので
ガンだろうと思っています。
検査写真では早期のように思われますので
良ければ内視鏡による切除が可能ではないかと思っていますので
あまり深刻な気分ではありません。

ただ願うのは、大腸ガンからの転移でないこと。
転移とあるとすれば、胃だけではなく他の臓器に目に見えない、まだ腫瘍の形態に成長していない小さなガン細胞が体中に散らばっている可能性が考えられますから。

3ヶ月ごとの血液検査での腫瘍マーカーでは変化はなかったし
先日の人間ドックでも腫瘍マーカー値は正常であったこと、
また、大腸ガンの転移は肝臓、肺が大半で
胃への転移は少数例しかないことから
新たに胃ガンができたのではないかと希望的観測をしています。

検査結果を聞いて
自分の体を叩いて涙した妻
寝付かれなかった85歳の一人暮らしの母
本当はみんな守ってあげ無ければいけないのに
心配かけどおしなのが心苦しいです。




にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。


01:27  |  日記  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.25 (Fri)

人間ドックのその結果は?

3月ごとの血液検査と6月ごとの腹部、骨盤内のCTを行っているので、
職場では簡易な定期健康診断をするのみでしたが、
その中には胃の検診が無いため、今年度は生まれて初めて人間ドックをすることにしました。

当初の予約は8月であったのですが、先ほど言ったように
定期大腸ガン検診をしているので、人間ドックに行くのも億劫になっていたのですが
妻の強い勧めで本日ついに重い腰を上げて、人間ドックに行った次第です。

初めての胃カメラ。
胃の動きを鎮める注射を打ち、喉を痺らせる薬を喉に吹きつけ
さらに鎮静剤を打って、いざ検査です。

たいした苦痛もなく、入っていく胃カメラ。
先生から胃内部の映像を見るよう指示がありました。

すると、胃壁に何やら膨らみがあり、青い液を振りかけると
何やら悪態ずらのモノが浮かび上がってきました。

デジャブ?

3年前の2月頃でしょうか。
大腸内視鏡の検査の時にカメラ映像を見るよう指示された時と全く同じです。
違うのは上の穴から入れるか下の穴から入れるかだけ。

内視鏡から出た鉗子で3カ所から組織を切り取り検査に出しました。
今のところは検査結果待ちですが、
検査時にまだ初期段階ですから内視鏡で切り取れる
場合によれば病院の紹介状を書いて・・
とか言う言葉から、これは胃ガンに間違いないと思いました。



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。





テーマ : 今日の出来事 ジャンル : 日記

23:47  |  日記  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.12 (Sat)

お風呂テレビ

昨日は四国の高速道路の大半は積雪のため通行止めとなるほどの降雪でした。
妻は、帰省している妹夫婦と昨日、今日と彼女らは雪見風呂を楽しんできていましたが、
温泉は免疫力アップに効果があるという話をよく聞きます。

L1020956.jpg

NHKで放送された【温泉お得術▽免疫力アップ&10歳若返り】では、
国際医療福祉大学大学院の前田眞治教授の研究によると、血管の中には
体内に侵入したウィルスを攻撃するNK細胞(ナチュラル・キラー細胞)という
免疫機能をつかさどる細胞があり、温泉に入って体温が1度~1.5度上がると、
体に対して熱攻撃を受けたと判断、体を守るためにNK細胞が活性化する結果、
体の免疫機能が上昇するとのことです。

風邪で体温が上がるのも、免疫力を上げているため対抗措置なのでしょうか。

ただし、体温を上げすぎると免疫機能は低下するらしくて、何事もほどほどにということらしいです。

入浴のスケジュールは、
41度の温泉の場合、約15分の入浴、目安は「額がじんわりと汗ばんだ時」、
 入浴(5分)→休憩→入浴(8分)→休憩→入浴(3分)の分割浴でもOK。

妻は冷え性なので、半身浴で長時間風呂に入っています。
そのために、こんなプレゼントを買いました。

L1020974.jpg

お風呂テレビ。
正確には、TWINBIRD LINK ZABADY 防水ワイヤレスモニター VW-J707

この機器にはテレビチューナーは付いていないので、テレビ電波の届かない浴室とか家の奥まったところでもテレビ番組を受信できます。


我が家の台所はダイニングから離れたところにあり、一人で洗い物をして寂しいので
こんな所を定位置にしました。

L1020973.jpg

テレビもブルーレイも録画したビデオも見られますので、重宝しそうです。

http://www.twinbird.jp/product/vwj707/





にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。



テーマ : 今日の出来事 ジャンル : 日記

23:44  |  直腸ガン-術後2年~3年  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.02.02 (Wed)

がん発見!最先端SP

がん関連番組情報です。



NHK総合 「ためしてガッテン」
がん発見!最先端SP(仮)


2011年2月2日(水曜)午後8時00分~8時43分


あなたは知りたくありませんか? 「自分は将来がんになるのか?」。現在のがん医療は、この究極の問いに、かなり正確に答えを出すことができる! 実は今、最新のがん研究が実現しているのは、「がんの早期発見」よりもさらに進んだ「がんの超・早期発見」。毎年4万人もの人が亡くなる「大腸がん」を、100%の確率で発見する方法や、超早期の肺がん細胞を検出する技術など! 「がんは怖い。でも検診を受けるのは面倒」・・・そんな人に絶対にオススメの、がんで死なないための最新情報!
まるで実物! 驚異の「仮想内視鏡」でミリの異変をとらえる!

たった1回、CT検査を受けるだけで、大腸にできたわずか数mmのがん異変を発見する。これは「仮想内視鏡」と呼ばれ、内臓の様子を超精密CG映像で再現できる、夢の新技術だ。しかも、内視鏡検査のようなわずらわしさも一切なし! 驚がくの映像を余さず紹介する!
見落としゼロ!肺がん超早期発見の切り札!

たった1回、「たん」の分析検査を受けるだけで、肺にできた超早期のがん細胞を発見する。これまでも、肺がんの検査としてたんを調べる方法は行われてきたが、この新しい方法は見落としの可能性はほぼゼロ! 主要な病院で受診可能で、近く保険の適用も検討されている
「将来がんになるのか?ならないのか?」 あなたの運命が分かる?

がんに13回もかかりながら、現在健康に暮らしている女性がいる。実は、「がんになりやすい体質」を判定する遺伝子検査で陽性と判明、以後がん検診を欠かさず受けることで早期発見、事なきを得ているのだ。このように、「将来がんになる確率」の判定は、「究極の早期発見」とも言うべきもの! あなたはどんながんになる可能性が高いのか? 受けるべき検査は何か?将来のがんに備えよう!

ゲスト 堀ちえみ、さだまさし、山瀬まみ


見逃した方は、再放送もあります。

2月9日(水)深夜02:00~02:50





にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。


テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

08:57  |  直腸ガン-術後2年~3年  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。