2011年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.01.08 (Sat)

日本人中高年男性の大腸癌10年リスクの予測モデルを作製

国立がん研究センターがん予防・検診研究センター予防研究部の津金昌一郎氏らは、多目的コホート(JPHC)研究で得られたデータを基に、40歳から69歳までの個々の男性が今後10年間に大腸癌を発症する確率を推定する予測モデルを開発した。

たとえば、50歳で5項目のすべてが最高点(高リスク)の男性が10年以内に大腸癌になる確率は3.3%、すべてが最低点(低リスク)の男性では0.7%となる。大腸癌のリスクは年齢とともに上昇するため、年齢が最も高い65-69歳の男性ですべてが最高点であれば10年間の確率は7.4%(このグループのリスクが最高)、年齢が最も若い40-44歳ですべてが最低点なら0.2%(このグループのリスクが最低)になる。


jphc_outcome135_img002.jpg


この表に私を当てはめて見ますと、
年齢 1点
BMI 1点
身体活動 0点
飲酒習慣 1点
喫煙習慣 0点
計3点で10年間で大腸ガンを発祥する確立は0.9%となりました。

つまり1,000人に9人の割合の中に入って大腸ガンとなったことになります。

あと数ヶ月で年齢ランクが1ランク上がりますが、
この上げ幅は大きくて現在の年齢の点1点に2点加算されて3点となります。
その結果、5点となり、10年間で大腸ガンを発祥する確立はなんと2倍の1.8%となります。

今後再発を予防するためには、
減量に励み、飲酒を週1回未満として毎日の運動を欠かさないこということになります。
これは、ガンに限らず健康増進には良いとされていることなのですが
なかなかねぇ。難しいです。


詳しくは下記ホームページを御覧ください。

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/search/cancer/news/201012/517910.html&cnavi=1



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。


スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

16:32  |  直腸ガン-術後2年~3年  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011.01.05 (Wed)

今年もよろしくお願いします

明けましておめでとうございます。

本当は、初日の出を撮影してブログにアップしたかったのですが
年末から頻便で、トイレに引き篭もりでした。
これだけ長い間居るとトイレの神様にも会えそうな気がします。

さて本日は仕事始めからいきなりのフルダッシュ。
職場でも30分のトイレ休憩をはさみながら
残業し22:30に帰宅しました。

職場には、1フロアには5つの大便器があるのですが
洋式はたった一つです。
トイレで長居をする私は当然洋式便器を選ぶのですが
この時期、温便座でない洋式便座へのファーストコンタクト時は
身も心も緊張感で一杯です。

特に、今日は6日間職場が休みで館内が冷え切っていますので
その白いリング状のものに対する恐怖感たるや只者ではありません。

恐る恐る、でも漏れそうなので意を決して座りました。
どんなに気合を入れてみたって、ヒヤァッっとなるのは同じでした。

かといっても、和式を使おうとは思いません。
以前洋式が空いていなくて和式を使用したのですが
久方ぶりだったので、ずっと座っていたら背筋が攣ってしまう事態になる始末です。

ウォシュレットトイレの導入など夢のまた夢でしょうが、
冷たいのも我慢しますので洋式トイレを増やして欲しいものです。

新年早々トイレの話で失礼しました。

ほとんどが下の話のブログですが、
引き続き今年もよろしくお願いします。
ペコリ。



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。



テーマ : 日記 ジャンル : 日記

00:51  |  直腸ガン-術後2年~3年  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。