2008年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.21 (Wed)

放射線治療 10回目

肛門痛がする。放射線治療の副作用である。

下痢を繰り返した時に肛門が痛くなったりするが,その痛みとは異なり,皮膚の表面が痛い。
痛みを止めるために「デルモベートスカルブローション0.05%」が処方された。

お薬100番で調べてみると,最強のステロイドホルモンであるとのこと。

ステロイドホルモンに関しては,副作用の記事が多くネットでも記されており,その中でも最強との
表示に心配になるが,この痛さの緩和には,背に腹は代えられないため,朝夕塗ることとする。


お薬110番のHP
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se26/se2646713.html


 ←宜しければ応援のクリックをお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

タグ : 放射線治療 肛門痛

20:24  |  直腸ガン-放射線治療  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.12 (Mon)

放射線治療 4回目

3日前から,軟便が続いているが,回数は朝1回と21時頃1回と出る時刻が決まっているので,
とくに生活には支障ない。

抗癌剤放射線治療の副作用として,下痢(水様便),口内炎,悪心・嘔吐,全身倦怠感,白血球減少,血小板減少,肛門痛が考えられるとのことであり,今後の動向が気になる。

照射線でダメージを受けた正常細胞を立ち直らせるため,高タンパク質食を心がけた。


※数日後には,下痢も治まった。治療後まで朝晩2回の排便は続くが,通常の便であった。


 ←宜しければ応援のクリックをお願いします。

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

タグ : 放射線治療 抗癌剤 下痢 肛門痛

22:06  |  直腸ガン-放射線治療  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.07 (Wed)

放射線治療開始

本日から放射線治療開始である。

5日間 抗癌剤UFT服用+放射線照射
2日間 休み

上記1セットを計4セット実施する。

毎日9:15から20回,約1ヶ月間ここに通うこととなる。

待合室では,40~50代の女性が多かった。
ここにいるのは,みんな癌患者なんだと考えていると,呼び出しがかかった。
大学病院には珍しく,予約時間どおりの呼び出しである。

治療台に仰向けに横たわり,パンツを下げ,先日マークした+マークを目印に,照射位置を調整し
放射線技師は,別室に避難する。

しばらくして機械が回転しながら,直腸めがけて4カ所から放射線2grayが照射される。
(20日間で計40grayを照射)

この間数分間,いらぬ所に放射線が当たらないように,下半身を露出したまま,身動きせずじっとしている。

ああ,これで,私の内臓は被爆し,生涯通常の細胞ではなくなるのだなと思うと,もう後戻りはできないのだと考えていると,「下着を直してください」との声で,あっけなく治療が終了した。

これなら,予約時間どおり治療が進むはずだ。

毎日1時間休暇を取って治療を行う計画で,10:30分からの勤務に向け,職場に車を走らせた。


 ←宜しければ応援のクリックをお願いします。

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

タグ : 放射線治療 抗癌剤

23:06  |  直腸ガン-放射線治療  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。