2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2008.12.01 (Mon)

退院後3回目の外来受診

本日は,10月27日についでの3回目の外来受診に行ってきた。

採血の結果は正常値であった。
腫瘍マーカーについて,検査に1日ほど要するので,次回の受診時に持ち越しとなった。

体調は前回の受診から改善がないので,先生に新たな話題を伝えることもなく受診を終了した。

次回は,12月24日クリスマスイブに,CT検査と本日採血による腫瘍マーカーの数値を見ての説明となる。

3週間後でも体調は劇的に回復はしていないと思われるので,
その時には,引き続き3ヶ月の自宅療養の診断書を書いてもらうつもりでいる。


 ←宜しければ応援のクリックをお願いします。

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

15:41  |  直腸ガン-退院~術後半年  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.13 (Thu)

今は無き直腸の映像

書類を整理していたら,セカンドオピニオンのためにいただいた直腸を撮影しているファイルが出てきた。


RF 直腸

2008年3月21日撮影

ガンの場所はRbという肛門から3.5cmの位置で,人工肛門にするか肛門機能温存にするか
病院により判断が分かれる位置である。

私の場合,幸運なことに機能温存できる治療方法を選択することができたが,
現時点では,機能温存できても排便障害が残りやすい位置であることを痛感している。

今日トイレに行ったのは10回。
普通の人であれば,大変な回数でしょうが,多い日の20回に比べると落ち着いていられる。
回数が多いため,手の甲は,トイレから出ての手洗いでしもやけのように真っ赤になっている。

はやく機能温存できた喜びを得る日が来ることを願っている。


 ←宜しければ応援のクリックをお願いします。

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

22:38  |  直腸ガン-退院~術後半年  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.12 (Wed)

食材を買いに行く

午後から腸の調子が良さそうだったので,晩ご飯の食材を買いにスーパーにお出かけした。
ずっと家に閉じこもりきりで,10日ぶりの外出だ。外気に当たると心も晴れる。

病気になる前なら,今頃は紅葉を見に山や行楽地を訪ね一日中歩いているはずなの自分だが
今は,わずか1時間足らずの外出でも少々意気込む気持ちが必要である。

少し歩いたせいかガスが出だしたので,次に実が出ないようにそそくさと帰路に着いた。


 ←宜しければ応援のクリックをお願いします。

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

23:20  |  直腸ガン-退院~術後半年  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.09 (Sun)

快適排便

またまた,下のお話し排便日記です。

昨日お昼に腸の出口で栓をして居座っていた悪玉粘土便がドドット排出されて,
その後に普通の便が大量に出まして,一昨日からのトイレ通いに一応の収拾を見ました。

以前は便秘などなくていつも快便だったのですが
直腸が無くなってからは,押し出す力が弱まったのか便秘が続いています。

便秘が続くと,奥の方から便が押し出すもんですから,出口に居座っている粘土状の便が
ウサギの糞みたいな少量の形状で周期的に出てきます。
 
便秘3~4日,頻便2日というパターンが分かってきました。
昨日,頻便でうんざりとなっているところ,直腸洗浄をされているというコメントをいただきました。

人工肛門への復帰も頭の隅によぎったところに,中間策もあるという教えはありがたかったです。

今は,運動や食生活の改善,定時的な排便の週間づけなどで,便秘対策に取り組もうと思います。
また,朝夕食後に服用している整腸剤・ビオフェルミンをやめて様子を見てみます。


 ←宜しければ応援のクリックをお願いします。

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

22:39  |  直腸ガン-退院~術後半年  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.07 (Fri)

20回&3ロール

20回&3ロール

これは本日トイレに行った回数とトイレットペーパーの使用量です。

朝の8時に出したのを皮切りに夜中までコンスタントにトイレに行きっぱなしです。
もう疲れてしまいました。


 ←宜しければ応援のクリックをお願いします。

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

23:58  |  直腸ガン-退院~術後半年  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.06 (Thu)

手術から4ヶ月

入院したのは,まだ夏の始まりの7月初旬でしたが,今はもうすっかり秋になり,
明日11月7日は立冬だそうです。

休職してから,はや4ヶ月が過ぎようとしています。
今年中は自宅療養を予定していますが,今の回復具合からすれば,
新年になっても休職を延期せざるを得ないと考えています。

いまだ排便の抑制が利かない状況であり,いつ便意を催すか分からず,
催せば即座に排便となり我慢ができない。
回数も多く,1日でトイレットペーパー1巻使うこともざらである。
このため,外出するのも怖くて,家にとじこもりっきりである。

周りで直腸ガンの手術をした人の話を聞いても,
年単位という長いスパンでの回復を待たなければならないとのことです。

長期休暇が取りやすいように職場が配慮してくれたため,
気長な気持ちで自宅療養できているものの,
現場復帰を促されるような状況であれば,再度人工肛門増設を真剣に考えるかもしれない。

当面の悩みとして,散髪に行きたいのだが,今の状況でどうしたものか。


 ←宜しければ応援のクリックをお願いします。

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

22:09  |  直腸ガン-退院~術後半年  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.28 (Tue)

トイレ用パネルヒーター

術後47日になりますが,依然排便障害については,改善されません。

2~3日間便秘して,4日目に程々に排便されるというパターンです。
便秘といってもトイレフリーとなるわけではなく,
うさぎの糞みたいなのがちょこちょこと出ますので,1日10回程度はトイレにいって気張っています。

最近,朝夕のトイレも肌寒くなってきました。
ガンばかり心配していましたが,私,最高血圧150,最低血圧100の高血圧症ですので
寒いトイレに長居は禁物。

というわけで,昨年も欲しかったのですが,売り切れで買えなかったトイレ用ヒーターを
今年は一足先に注文することにしました。

最初は,ネット検索をしていて「トイレ用暖房消臭器 暖房+消臭+マイナスイオン赤外線センサー」って
いうのがいいかなと思っていましたが,狭いトイレで少々かさばりそうな厚さであることと,
温風を吹き出すタイプなので,トイレ内のゴミを舞上げそうなことからボツとなりました。

温風吹き出しタイプではなく,パネルヒーターで検索すると富士ホーローというところの
HL-200という製品にたどり着きました。

厚さ8mmというコンパクトさと今時珍しい日本製品ということに惹かれ,amazonで早速注文しました。

8,583円也 

富士ホーロー パネルヒーター HOTLAND CARA SARA HL-200富士ホーロー パネルヒーター HOTLAND CARA SARA HL-200



amazonで商品詳細を見る



 ←宜しければ応援のクリックをお願いします。

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

16:43  |  直腸ガン-退院~術後半年  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.27 (Mon)

腫瘍マーカー値 

退院後2回目の外来受診に行ってまいりました。

10月6日に行った採血での腫瘍マーカーについての説明がありました。

大腸ガンの代表的な腫瘍マーカーであるCEACA19-9について調べています。

私の場合は,術前でも腫瘍マーカーは正常値でありました。

医師によると,3分の1の人は,ガンであっても数値が上がらないそうです。

とすれば,私の場合腫瘍マーカーを検査しても意味がないかというとそうでもなく
再発した場合,3分の2の人は腫瘍マーカーの数値が上がるとのことです。

としても,やはり3分の1の人は再発しても腫瘍マーカーの数値が上がらないということですから
検査精度という面では,低いのかなという感じはします。

最終は,色んな検査で総合判定するということになるのでしょうね。


さて,術後3週後の腫瘍マーカーの値についてですが
CEA 0.3ng/ml   (正常値 2.5ng/ml以下)
CA19-9 5u/ml   (正常値 35U/ml以下)
ということで,全く問題ありませんでした。

よかった。

検査精度が低いなどとほざいておきながら
やっぱり,正常値であればうれしいものです。

今後しばらくは,約1月おきの採血を実施して経過観察を行います。


 ←宜しければ応援のクリックをお願いします。

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

17:29  |  直腸ガン-退院~術後半年  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.18 (Sat)

ガン治療費用

2月の検査にはじまり9月の退院まで,ガン治療に要した医療費,その他お金に関することについて
まとめてみました。

○医療費

2月   2,440円
3月  23,800円
4月  57,210円
5月 103,250円  (うち放射線治療 99,930円)
6月  53,660円
7月 136,710円  
8月 100,490円  
9月 104,740円

合計 579,320円


主な内訳として

 第1回目の入院が,7月4日~8月9日   費用 192,250円
 第2回目の入院が,9月9日~9月22日   費用 104,740円

 放射線治療について,1回あたり5,250円で,20回実施したので,105,000円
 経口抗癌剤 UFT 40錠 7,520円

 PET/CT 25,000円×2回

 
○限度額適用認定証

従来は,自己負担から,ある一定の額(自己負担限度額)を超えた場合,申請することにより
高額医療費として支給されていましたが,
平成19年度からの制度改正により,
限度額適用認定証の交付を受けることにより,自己負担限度額までの支払いでいいことになり,
申請の手間と一時的な支出金が少なくて済みます。

私の場合,自己負担限度額は,80,100円なのですが,それ以上の額を支払っている月があります。
この理由としては,次のとおりです。
 1 病院ごとで算定される。
 2 通院と入院は分けて考える。
 3 総合病院の場合,各科ごとに算定。私の場合,外科と放射線科それぞれで80,100円が限度額
 4 入院時の食事については,保険適用外なので,高額医療には対象外
 5 差額ベッド代は対象外

3については,少々腑に落ちない点があります。
というのは,たとえば,階段で足を踏み外したのが原因でレントゲン撮影をしたのなら
別々で考えるのも当然でしょう。
私の場合,レントゲンを撮ったのは外科の指示によるものであるから,
当然一連の医療行為と考えるのが普通だと思うからです。

しかし,制度としては,各診療科を別の保険医療機関であるとみなして計算されます。
同じ治療でも,総合病院でなければ,合算して計算されるのにね。


話は戻りまして,限度額適用認定の制度についてですが

この制度を適用しなければ,
 第1回目の入院では616,390円
 第2回目の入院では228,850円
という多額の一時的な支払いが必要になるところでした。

しかし,医療費の支払いはクレジットカードで行っていたため,
今考えると,普通に支払ってから,後で高額医療の支給を受けた方が
ポイントがたまったなあ。


○保険金

私は,入院1日につき,1万円の給金付き(入院5日目からが対象)の生命保険に加入しています。
ガンで入院した場合,これに成人病1万円,ガン1万円が加算され
入院1日あたりの給付金額は3万円となります。
ガン手術をした場合は,この金額の40倍の給付金が出ます。


第1回目の入院
 入院給付金 3万円×33日  99万円
 手術給付金 3万円×40倍 120万円
 ガン保険金           100万円

第2回目の入院
 入院給付金 3万円×14日  42万円
 手術給付金 1万円×20倍  20万円  なぜか,人工肛門閉鎖はガン関連手術とはみなされなかった

                  計381万円

生保職員の熱心な勧誘に負けて,深く考えもせず適当に生命保険に入っていましたが
今思えば,その職員さんに感謝です。

○医療費控除
年間の医療費が10万円を超えると,確定申告で医療費控除ができます。
ただし,保険金,給付金,などから充当された場合,その金額を控除することになります。

私の場合,7,8,9月での支出341,940円は,入院に関するものです。
これに対して,保険からの給付金等が381万円で入院に関する費用を超えて支給がありますので,
7,8,9月分は医療費控除の対象にはなりません。

つまり2月~5月までの計239,550円が対象となります。
それ金プラスして交通費や家族の医療費を加えた額について医療費控除の申請をすることにより
その金額が所得から控除されます。


 ←宜しければ応援のクリックをお願いします。

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

17:25  |  直腸ガン-退院~術後半年  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.10.08 (Wed)

退院2週間目の排便状況

結論をいうと,退院後と余り大きな違いはない。

同じ悩みを持っている人も見ていると思うので,私の排便に記録を紹介します。


9/22 終日18回 退院日 固形~軟便~下痢~固形
9/23 朝3回
9/24 13時~18時 6回 固形~軟便~下痢
9/25 10:30~11:00 6回 適当な便だが,一度に排出されず
9/26 昼,夕方,夜 6回
9/27 朝,昼,夜 5回
9/28 19時 1回 指先大1本
9/29 11時~12時 5回  夜1回 計6回 大量の適便 お腹すっきりした
9/30 昼2回 またまた大量の排便
10/1 朝2回
10/2 12時,15時,20時 3回 人差し指大1本
10/3 昼,夕方,夜 6回 小指大
10/4 朝,夜 5回 親指大 硬く便秘気味
10/5 朝~昼 7回 夜5回 計12回 便が固まっており腹が張る。腸が奥から押し出そうとするが
    出口で固まっているため,うさぎの糞のような少量の便が1時間おきくらいに出る。
10/6 朝9回,夜2回 詰まっていた便の7割が出てきた。
10/7 なし
10/8 午前中8回 硬め~軟便 腸内の便が全て出た感じ 気持ち良い


便秘と大量排出を繰り返すパターンです。
排便を感じると我慢できず,トイレへ駆け込まなければ,漏れてしまいます。
特に1時間に数回行くようなときは,せっぱ詰まっており,パンツ1ちょうで待機し,
トイレのドアは開けっ放しにしています。

出るものが無くなり,腸の粘液が出だすと連続排便が終了します。


一昨日の外来診察で先生が言われたように,ある程度の時間が解決すると言うことなので,
あせらずゆっくりと構えて治療していきたいと思います。



「ピックギター&Leica M4+summicron35mm」 
guitar
                                         R-D1 M-Rokkor 28mmで撮影

普通のギターは丸い穴が空いているのに対して,ピックギターはバイオリンのような「f」の穴が空いています。また,ボディーについても,普通のギターが平面なのに対して,ピックギターはこれもバイオリンのように曲面になっています。
音は小さく,きらびやかな音は出ませんが,心の奥底に響く優しい音がします。

Leicaは,フィルム入れるだけで手間がかかりますし,フィルムを手で巻き上げ,ピントを合わせ,露出を制御して撮影するという非常に手間のかかる機械です。たぶん,今のデジカメで取った方が,綺麗な写真が撮れる確率は多いかもしれません。でも,1969年製のこのカメラ,来年で40年になりますがまだまだ現役なんです。数年で寿命が終わる昨今の機械とちがって,非常に愛着がわきます。

いずれも,スローな時間がなければ使えない道具ですが,手挽きのコーヒーミルと合わせて,
今の自分にはなくてはならないものです。


 ←宜しければ応援のクリックをお願いします。

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

14:54  |  直腸ガン-退院~術後半年  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT