2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.08.23 (Tue)

ほどほどがいい

昨日の「きょうの健康」のテーマは自分のリスクを知ろうということでした。
番組の中で「がんリスクチェック」の紹介がありました。

これは、国立がんセンターが20年間にわたり収集した10万件のデータを対象にして調査研究したもので、今後10年後のがんなどの罹患リスクを判断するというものです。

では、早速チェックしてみましょう。

私の入力データは次のとおりです。

50歳、男性、181cm、82kg
煙草はやめた
ビールを週5日 350cc1本

年齢は高くなるほど当然罹患リスクは高くなっていくでしょうから、
あまり気にせずに入力をと。
体重は、先日の人間ドックで肥満一歩手前なので食事の節制を言われました。

BMIでいうと25ですので、日本肥満学会では22が標準体重で
25以上が肥満といわれています。
ちなみに、181cmの身長でBMI22といえば72kgでなければいけません。
これはちょっとスマートな体型ですね。

飲酒についてはよく晩酌をするようになってきました。といっても缶ビール1本ですがね。


さてさて、これで入力すればどうなるか。

結果は、
がんになる危険度も、循環器系の病気になる危険度も平均よりも低いと出ました。

ちなみに、これを標準体重として、飲酒回数を0とすればどうなるか。
危険度が7.5%から8.4%に上昇しました

この結果から分かったことは、多少小太りで、
適度に飲酒をするほうが長生きだということ。

無理な節制は良くない。大らかに生活していけばいいのだと納得し
多少気が楽になりました。


ちなみにWHOでは飲酒は大腸がんのリスクを上げることが「確実」とされている一方、
多少の飲酒は心筋梗塞や脳梗塞のリスクを下げる効果があることが知られています。
また、野菜や果物が体に良いかといえば、
腎臓の機能が低下している人には、良くありません。

ある一面だけを強調、強化するような健康方法は望ましくないということでしょうか。
バランスよく、陰陽どちらにも転ばない中庸をもって良しとしましょう。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。





スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

21:12  |  直腸ガン-術後2年~3年  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011.08.21 (Sun)

きょうの健康 がん関係

今月末から来月初旬にかけての、がん関係のテレビ情報をお知らせします。

きょうの健康
NHK Eテレ(教育) 
月~金 20:30~20:45


「ここまでわかった がん予防最前線」

(8月)
22日 月曜日

自分のリスクを知ろう

23日 火曜日

生活習慣を見直そう

24日 水曜日

正しく知ろう放射線とがん




進む大腸がん治療」

(9月)
 5日 月曜日

まずは検診で早期発見!

 6日 火曜日

治療の中心 手術

 7日 水曜日

内視鏡・薬

 8日 木曜日

術後のトラブル解消!







にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。




テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

22:16  |  直腸ガン-術後2年~3年  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.08.10 (Wed)

脳ドック

半世紀使ってきた体をチェックしてもらうために、人間ドックに行ってきました。
50周年記念ではないですが、今回は、脳ドックというのを加えてみました。

検査自体はMRIで脳と頚動脈を調べるということで、
私にとってMRIは寝てしまうほど快適な検査なので、
特に不安も無く検査に臨みました。

過去のMRI検査のログ
http://anjazz.blog60.fc2.com/blog-entry-23.html

脳と頚動脈で2回に分けて検査が行われました。
ガンガンガンという金属音に加えて
昔のシンセサイザーで弾いたような音が聞こえてきますが、
特に今回の脳の検査では眠ってしまうことも無く無事終了しまして、

引き続いて頚動脈の検査です。
検査前に、画像がぶれるから首を動かさないということと
唾を飲み込まないよう注意がありました。

同じ機械なのですが、先ほどとちょっと音が違いまして
ピチュピチュピチュ
チョンチョンチョン
ぷにょんぷにょんぴにょん
モウモウモウなど変な音の連続で
何故か気になりだすと可笑しくて、笑いをこらえるのに大変でした。

また、唾を飲み込むなといわれたらよけいに飲み込みたくなって
我慢していると口の中にいっぱい唾がたまってきて、
反射で3回ほどゴクンと飲み込んでしまいましたが
撮影結果には大きな影響は無かったようでした。

すぐに脳外科の先生から脳の輪切りや3D立体画像を画像を見ながら説明を受けまして
血管の詰まりや脳の萎縮など検査で異常は無いとのことでした。よかった。

その後に視力検査があったのですが、MRIの磁力の効果なのでしょうか
2月末に実施した視力検査では0.7であったのが
不思議なことに1.5と1.2と驚くべき数値。
まるで小学生の頃のような検査結果に何故か恥ずかしさを感じました。

その他の項目でも血圧が高い以外は異常無く
無事半日脳ドックを終了することができました。

これで、阿波のお盆の4日間のフェスティバルを心置きなく堪能できます。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。




テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

23:59  |  直腸ガン-術後2年~3年  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011.07.20 (Wed)

夜勤明け

今朝職場から帰ってくると駐車場横の大きな木が倒れていました。

私はといいますと、昨夜から災害対応で職場で待機をしていました。
大きな建物の中でいると、台風の勢力は良く分からないのですが
台風6号が上陸した地ですから、風雨が凄かったのを物語っていました。

直腸ガンの切除術を行ってから7月8日で3年を経過しました。
昨夜が初めてですが、一晩中起きて仕事ができるようにもなりました。
大きな進歩です。

幸い県下には大きな台風被害も無く、今日は休暇を取って一日ゆっくりと家で過ごしました。
お供は先日オークションで購入した真空管アンプです。
TU-873LEII。300Bという真空管が入っています。

これで、懐かしの60年代から70年代のジャズ、ロックを聞いています。

L1030154.jpg

真空管の暖かい光は、焚き火を見ているのに似た感じがあり、癒されます。

L1030238.jpg


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。

テーマ : 日記 ジャンル : 日記

21:14  |  直腸ガン-術後2年~3年  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2011.07.04 (Mon)

日本のがん医療(1)~(4)

がん関係のテレビ情報をお知らせします。
今晩から4夜連続放送です。



「福祉ネットワーク」

NHK Eテレ(教育) 
月~木 20:00~20:29
再放送は、翌週 12:00~12:29


4日 月曜日

シリーズ 検証 日本のがん医療(1)「放射線治療は広がるか」

5日 火曜日

シリーズ 検証 日本のがん医療(2)「痛みをとる!緩和ケア最前線」

6日 水曜日

シリーズ 検証 日本のがん医療(3)「地域格差をなくすために」

7日 木曜日

シリーズ 検証 日本のがん医療(4)「がん最新情報 Q&A」




追記
8月15日から18日の20:00から再々放送があります。



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

07:30  |  直腸ガン-術後2年~3年  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.06.19 (Sun)

二十番札所参り

雨の日は、静かで落ち着くので、結構好きです。
植物も、生気がみなぎり、うれしそうで、
我が家のアジサイも水気を得て、生き生きとして見えます。


R1030892.jpg


日本は、雨の風情が似合う国のように思います。

今日は、梅雨の季節が似合うお寺に行ってきました。

お供は、妻と以前テレビの懸賞で当たった「リコーGXR GR LENS A12 28mm F2.5」です。

R1030899.jpg

ここは、四国遍路の難所のひとつで、標高570mの山頂までの表参道は「へんろころがし」といわれる急傾斜の山道です。
車で上るにも、エンジンが悲鳴を上げる急坂です。
車道とは別に歩き遍路(車を使わずに徒歩で四国八十八箇所霊場を廻る人をそう呼びます)用の道もあり、歩き遍路の人がお寺を目指しています。



R1030898-2.jpg

すれ違う人は「こんにちは」と快く挨拶をしてくれます・
今の時期は霧もやがかかり、なんともいい雰囲気なのです。



R1030937.jpg

四国八十八箇所霊場第二十番札所の鶴林寺です。



R1030902.jpg

境内には樹齢800年以上の威風堂々とした老木があり、歴史を感じさせます。



R1030925.jpg

参道には見事な苔が。



そう長くない階段を上ると

R1030907.jpg



鶴林寺の由来となったであろう鶴がいました。


R1030910.jpg




良くぞ、何百年も前に、こんな山奥まで資材を運んで、お寺を建てたものだと感心します。

R1030916.jpg




帰り道に先ほどくぐった門を見ると「洗心門」と書かれていました。


R1030928.jpg



深い意味は良くわかりませんが、文字どおり心洗われる時間をすごせました。

R1030934-2.jpg




にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。





テーマ : 日記 ジャンル : 日記

22:47  |  直腸ガン-術後2年~3年  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011.06.15 (Wed)

もっと知ってほしい大腸がんのこと 2011 in 松山

大腸ガンの講座の紹介です。



NPO法人キャンサーネットジャパン、NPO法人愛媛がんサポートおれんじの会は、2011年7月9日(土)に、愛媛県松山市のいよてつ高島屋で「もっと知ってほしい大腸がんのこと 2011 in 松山」を開催する。

タイトル:もっと知ってほしい大腸がんのこと 2011 in 松山

日時:2011年7月9日(土)13:00~17:000(開場12:30)

場所:いよてつ高島屋(本館7階キャッスルルーム)(愛媛県松山市)

プログラム:
<開会挨拶>
柳澤昭浩氏(NPO法人キャンサーネットジャパン)

<挨拶>
杉原健一氏(東京医科歯科大学大学院腫瘍外科学 教授、大腸癌研究会 会長)

<特別講演>
「すべての大腸がんサバイバーに捧ぐ:走る(生きる)意味」
演者:金哲彦氏(NPO法人ニッポンランナーズ)

<基調講演 1>
「大腸がんとは?予防・検診の実際」 
演者:石黒めぐみ氏(東京医科歯科大学大学院腫瘍外科学)

<基調講演 2>
「大腸がんの外科的治療と補助療法」 
演者:渡部祐司氏(愛媛大学医学部消化器腫瘍外科)

<基調講演 3>
「大腸がんの薬物療法(抗がん剤・分子標的治療)」 
演者:仁科智裕氏(四国がんセンター 消化器内科)

クラッシックギターデュオ「いちむじん」によるコンサート

<Q&A・トークセッション>
もっと知ってほしい「大腸のがん」のこと
司会:松本陽子氏(NPO法人 愛媛がんサポートおれんじの会)

パネリスト:金哲彦氏(NPO法人ニッポンランナーズ)
杉原健一氏(東京医科歯科大学大学院腫瘍外科学)
石黒めぐみ氏(東京医科歯科大学大学院腫瘍外科学)
渡部祐司氏(愛媛大学医学部消化器腫瘍外科)
仁科智裕氏(四国がんセンター 消化器内科)

<閉会挨拶>
柳澤昭浩氏(NPO法人キャンサーネットジャパン事務局長)

共催:NPO法人キャンサーネットジャパン、NPO法人愛媛がんサポートおれんじの会

後援:協賛:メルクセローノ

参加費:無料

案内パンフレット PDF

申し込み先



昨年度は、大阪で開催されておりまして、そのときの様子です。
このときは、かなりQ&Aに時間が割かれて色んな質問が出ていました。
今回もQ&Aに50分間用意されていますので、疑問点の解消にはいいですね。





にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

20:34  |  直腸ガン-術後2年~3年  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.06.08 (Wed)

3ヶ月検診

定例の3ヶ月検診に行ってまいりました。

手術したのが2008年7月8日でしたから、ほぼ3年目となりますが、
先週の採血結果は腫瘍マーカー含め全て以上無しでした。

20100601.jpg


やまねこさんの便秘薬が頻便に効果があるということを聞き、
処方してもらいました。

センノサイドというのを失念してまい、出されたのはマグミットでした。

どの程度の効果が出るか分かりませんので、
最初は休前日にでも試してみようと思っていますが、
ここのところ幸いなことに快便が続いていますので、
ちょっと出番が無いかもしれません。

次回は、9月にCT検査です。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。



テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

20:39  |  直腸ガン-術後2年~3年  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.14 (Sat)

がんから肛門を守れ!~内肛門括約筋切除術~

テレビ番組の紹介です。


鳥越俊太郎「医療の現場」
BS朝日
5月14日(土)18:00~18:30
5月15日(日)10:00~10:30(再)



内容

第162回目のテーマは「大腸がん」。
女性のがん部位別死亡者数がトップの大腸がん。女性が発症する代表的ながんのひとつです。

そんな大腸がんの中でも、女性を悩ませるのが肛門付近の直腸がん。
あまりに肛門に近い場合は人工肛門”ストーマ”を付けることが余儀なくされる事も多いといいます。
そんな中、限りなく肛門に近い場所にできたがんであってもストーマにならず、肛門を温存できる手術が行われています。
今回は、女性に福音となる”直腸がんの肛門温存手術”を取材。この手術を経験、これから手術に臨む女性たちに密着しました。

遠藤 健 副院長
日本赤十字社医療センター 大腸肛門外科



肛門の温存は、女性に限らず男性にも福音であります。
私も内肛門括約筋を切除した一人ですが
番組ではそのメリットだけでなく、
術後障害についてどこまで言及されているのかを注目して見てみます。



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。



テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

11:22  |  直腸ガン-術後2年~3年  |  TB(0)  |  CM(16)  |  EDIT  |  Top↑

2011.04.08 (Fri)

ノロウイルス感染その後

まだ、37.0度の微熱はありますが、下痢は止まりました。
時々、寒気がしたり、頭痛がするのですが、寝たり起きたりの生活の為もあるかもしれません。
なんとか回復の兆しがみえてきました。だいたい2,3日で回復するらしいです。

しかし、ウイルス性腸炎(医師はノロウイルスだろうとのこと)って、いきなり症状が現れるのでびっくりします。半世紀(先月にめでたく50歳の誕生日を迎えました)生きてきて、こんなのは初めての経験です。

外科手術は2度経験し、若干の痛みはありましたが、痛み止めで抑えられていましたし、気分は爽快でした。今回は、吐き気でトイレにしゃがみ込むは、いくら布団を着てもぶるぶる震える悪寒と、39度近い熱のうえに、大腸内視鏡の検査の時に2リットルの下剤を飲んだときのような下痢。体に与える負担はかなりのものでした。

聞くところによると、ノロウイルスは非常に感染力は強いものの、発病しないこともあるらしいです。
手術により腸が弱っているのかどうかは変わりませんが、食中毒はもちろんのこと、今後は気を引き締め食生活を大切にしないと行けないと思っています。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。

テーマ : 医療・病気・治療 ジャンル : 心と身体

21:59  |  直腸ガン-術後2年~3年  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。