2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.04.05 (Sun)

心の手紙館 桜満開

年間を通して美しい花を楽しめるという花見山に行ってきました。
今は350本の枝垂れ桜が満開です。
頂上の建物まで7分程度らしいですが、花を見ているとなかなか上までたどり着けません。

DSCF6333.jpg


頂上には心の手紙館があります。
未来の自分、または大切な人などに記した手紙を預かってくれて
数年後に配達してくれます。

ガンの手術を終えたとおぼしき人の会話が聞こえてきました。
完治した5年後の自分に宛てた手紙を預かってもらうのでしょうか。

DSCF6170.jpg


今最高に美しい時期でした。

DSC_0439.jpg



大鳴門橋が望めます。

DSCF6311.jpg



DSCF6280-3.jpg


DSCF6257-2.jpg


DSCF6308-2.jpg


DSCF6302-2.jpg



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。

スポンサーサイト
13:36  |  日記  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2014.11.28 (Fri)

久しぶりの朝休み

前もって言っておきます。
今日は便のお話。

と言っても、このブログの大半が便ですが。

朝食後お腹がキュルキュルして、7時過ぎにトイレへ。
数日間、指1本分の固い便しか出ていなかったことに、大腸が業を煮やし、奥から押し出している雰囲気です。
案の定、トイレに行くと大量の便が。
爽快!

しかし、直腸が無い私はこれで終わりにしてくれません。
大量便が出た後には、柔らかめ、軟便、下痢状と続きます。
まるで、便の博物館、全ての形状のコレクションの総出演です。
そして、最後は透明の水のようなものが出ます。多分腸液と思われます。
この段階になると、我慢できるのは数秒となります。
これが出て、大量排便が収束に向かいます。

以前は、便秘と下痢の繰り返しにより、朝休むことも多かったのです。
今朝は、久々にこの状態になり朝1時間お休みをいただきました。

昨年度までは結構このようなことが多かったのですが、今年度になって朝休みは数回です。
6年目になっても、腸の回復は続いているということでしょう。

直腸ガンの術後に頻便になり、このままずっと治らないのかと心配している方。
必ず回復方向には向かっていきますので、気長に辛抱していきましょう。



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。



23:59  |  直腸ガン-術後5年~7年  |  TB(0)  |  CM(15)  |  EDIT  |  Top↑

2014.11.10 (Mon)

脳神経外科へ

8日(土)の夜にギターを弾いていたら突然右腕の力がなくなり、ダランと下に落ちました。この症状が続いたのは僅か数秒間でした。
直ぐに血圧を図ると180/120と通常より40位高い数値。
その後特に症状も無かったので、週明けに病院に行くことにし、何事もなく日曜日も過ぎました 。
ただ、買い物に行ったときには、何となく歩くのがしっかりしてなかった。
そして、本日職場について廊下を歩いていると、右足が痺れて違和感があるため、職場の診療所で見ていただくと 、大病院の脳神経外科あての紹介状と降圧剤を処方していただきました。
ただいま本日検査することができるMRI検査を終え、現在結果待ち中。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
MRIの検査では、脳梗塞の跡は無く、右側に症状が出るとすれば、手足同時に出るもので、時間差で症状が出ることは無いとのこと。
ということで、原因は分かりませんが、脳の異常はないとの結果をいただき、胸をなで下ろしました。

いずれにしても、高血圧は脳卒中に繋がるものなので、減塩、運動にいそしもうと密かに誓いました。
降圧剤の効果か、105/70という未だかつて無い血圧値。いつも下が100位だから、薬の効果てきめん。
少し様子見して、出来たら薬の服用は止めたいな。できることなら。

DSCF5624.jpg
脳梗塞への不安が取り除かれて、清々しい気分です。



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。


14:13  |  日記  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

2014.09.22 (Mon)

「がんと診断されたら… 諦めない!生活と仕事」を見て

この番組の内容は次のようなものでした。

ガンになっての働き方の変化として、
離職した        23.6%
同じ職場で異動    13.1%
同じ職場で同じ部署  55.2%
その他          8.1%
という結果が出ています。
((厚生労働省がん臨床研究事業)
離職した方の中には、もう以前のように働けないということから自己規制でやめられた方が多いとのこと。

術後でも検査等で医療費が発生する中、離職というのは非常に辛いこと。
離職により経済的に苦しくなることに加えて、働くという行為に社会に参加している一員であることで生き甲斐とかを失うことにもなる。
法的にも就業に関して守られている事を会社が伝えない、ガン患者がそれを知らないということもある。


自分に振り返ってみると、術前は頻繁に外に出る業務で、出張も北海道から九州までありました。
職場復帰後は、同じ部署内で総務関係に異動し室内のみで仕事をする業務を担当しました。
現在も、デスクワークで全て完結する業務に携わっています。
職員数が多いことからこうした配慮が可能ですが、小さい事業者では無理も言えず、厳しい面もあるかと思います。

術後、便のコントロールが十分に利かないときに、外交をさせられるとすれば、離職も考えるかもしれない。
しかし、経済的にそれが出来ないので、無理をしての勤務は精神的身体的に非常な苦痛が考えられます。
大腸ガン患者の場合、術後の排便機能低下は本当に深刻な問題です。
術後6年経った今でも、程度の差はあれ、便のことに関しては心配事です。

術後の就業について、参考になる記事を紹介します。

診断されたらはじめに見る「がんと仕事のQ&A」
~がんサバイバーの就労体験に学ぶ~

(厚生労働省がん臨床研究事業「働くがん患者と家族に向けた包括的就業支援システムの構築に関する研究 」)


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。

02:18  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2014.09.05 (Fri)

がんと診断されたら… 諦めない!生活と仕事  ~BS日テレ~

以前は、ガンと言えば死を連想する恐ろしい病気でしたが
適切な処置で、治療も出来る病気です。
死ななければ良かったという時代から、術後のQOL向上や仕事復帰の仕方についても
語られるようになってきました。
本日ある番組の紹介です。



BS日テレ 深層NEWS 9月5日 22:00~


【ゲスト】
高橋 都(国立がん研究センター・
がんサバイバーシップ支援研究部長)          
桜井なおみ(キャンサー・ソリューションズ社長)

いまや国民の2人に1人がかかるといわれる「がん」。「がん」と診断されたら、あなたはどうしますか?「がん」は治療の進歩で術後の生存率が高くなり、患者が生活・仕事をどう維持していくかが大きな課題になっています。「がん」と共に生きていくためにも知っておきたい知識や心構えを、がん治療の経験者と専門の医師が詳しく解説します!



にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。

17:34  |  日記  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2014.08.19 (Tue)

-13種類のがんを1回の採血で診断-

国立がん研究センターでは、「最先端の次世代がん診断システム開発へ、産学官連携プロジェクト始動」として、血液から大腸がんなど13種類のがんを発見できる診断システムの開発を始めるそうです。
今年度から5年間で約79億円の予算ということですから、かなり本腰を入れてますね。

原理は、ガンなどにかかると異常が起きる血液中の物質の増減により判定するらしい。
検便での大腸ガン検診で陽性となっても、内視鏡検査はやはり大変だからつい億劫になって検査をパスする人も少なからずいると思います。

がん研では、「人間ドックなどで導入できるよう安価で迅速、正確な判定ができる検査システムを開発する。」と、していますので、実用化が早く実現し大腸ガンの早期発見に繋がることを期待しています。


にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。

19:04  |  直腸ガン-術後5年~7年  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2014.08.18 (Mon)

おいしさが見える! フタがガラスのご飯釜

注文していたハリオの「おいしさが見える! フタがガラスのご飯釜」が到着したので早速使ってみました。

実物は、このようなものです。


DSC_0256.jpg

蓋がガラスで、炊けている状況が見えるのが特徴です。



DSC_0261.jpg

ガスコンロに火にかけて10分位で泡が上がってきて「ピー」となります。そのまま1分待って火を消して15分蒸らしです。
お焦げが好きなら、更に3分火をつけておきます。



DSC_0268.jpg

ご飯が立っています。カニの穴があります。ご飯粒が大きいです。お米が光っています。
見た目の美味しい条件は全て揃っています。

さてお味の方はといえば、絶品。
美味しいです。ご飯が冷えてからでも美味しいです。
なぜ今まで電気炊飯器を使っていたのか。
数十年もの間、無駄にしてしまった。というのが今の感想。

まあ、買って早々の興奮状態を差し引いても本当に美味しいと思います。
amazonでのレビューも高評価です。

我が家では、食べる前にご飯を炊くので保温の必要がないことと、3合までしか炊かないことから、今後も電気炊飯器の出る幕はないかと思います。
安価ですので、IHIで無いご家庭の方は、試しにでも買ってみる価値はあるかと思います。






にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ   
     ↑           ↑   
宜しければ応援のクリックをお願いします。
00:27  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。